ファミレス御三家、デニーズも復活ののろし

ロイホに続き“高品質”追求に舵切る

デニーズが満を持して発売したオリービーポークの最高価格メニュー「ミックスプレート」。オリービーポークのソテー、牛ロース肉のカットステーキ、エビフライの3種がメイン素材として盛り込まれている

大久保社長は就任早々、まず社員に3つのことを話した。今までとは違うレベルで、基本を徹底すること、商品力を抜本的に強化すること、そして不振店の閉鎖をやめ中期的な成長を目指すこと。

特にあいさつなどQSC(注:クオリティー、サービス、クレンリネスの頭文字で飲食店の基本姿勢)の徹底は、大久保社長がこれまで経営者として携わってきたどの企業でも、最初に取り組んできたことだという。

ファミレス御三家と呼ばれるだけあって「デニーズの(QSCの)レベルは決して低くなかった」と大久保社長は振り返る。しかし、市場縮小が続く外食業界では、従来と同じ路線では来店客数を増やすことはできない。「あいさつなど基本を徹底することで、お客様にファンになってもらい、リピーターになってもらうことが大事だ」(同)と判断したのだ。

「何だこれ」と驚いてもらえるメニューを開発

この間、商品政策も見直している。まずドリンクを含めたメニューの数は、全部で10%近くを絞り込んで業務を簡素化した。

外食業界ではジャガイモやキャベツ、ほうれん草といった調理や管理の容易な野菜ばかりがメニューとして増えてしまいがちだが、「健康志向は時代の流れ」(大久保社長)という考え方のもと、デニーズではパプリカやベビーリーフなど彩り鮮やかな野菜を増やしてきた。

7月中旬から販売を開始した、冒頭のオリービーポークは、大久保社長が就任当初から開発に取り組んできたメニューのひとつだ。そのほか、チリ産サーモンを使ったサーモンハンバーグなど、他社にはないメニューについても、原材料の調達までさかのぼって開発を進めている。

次ページファミレスは衰退産業ではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT