スイスの氷河から75年前に失踪した夫婦発見

40歳と37歳の夫婦がクレバスに転落していた

[ジュネーブ 18日 ロイター] - スイスのアルプスで75年前に行方不明となった夫婦の遺体が、溶けだした氷河から発見された。

夫婦は1942年8月15日、南部バレー州シャンドラン上方の牧草地で牛に食事をさせていたところ、氷河の割れ目(クレバス)に落ちたとみられている。

夫(当時40歳)は靴職人、妻(37歳)は教師で、息子5人と娘2人を残している。現在79歳の末娘は「75年間待って、このニュース聞いてやっと落ち着いた」と語った。

バレー州警察によると、州の作業員が先週、スキー場のリフト付近の標高2615メートル地点で、一部が氷河の割れ目に埋もれた夫婦の遺体を発見。身元を特定できる書類を携帯していたという。

バレー州のアルプスや河川では、1925年以来この夫婦を含め280人が行方不明登録されている。州の法医学責任者は公共ラジオRTSに「氷河が縮小し続けていることから、今回のような発見がさらにあると予想される」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT