英国王室"人気者"が告白合戦を始めたワケ

ダイアナ元王妃没後20周年で変化

なんといってもヘンリー王子の告白は衝撃的だった

ダイアナ元妃没後20年を迎え、英王室で若き王族たちの「告白」が続いている。3人のオープンな姿勢に英国民は好意的だが、エリザベス女王は苦々しい顔を見せる。

ウィリアム王子(35)は男性ファッション誌「GQ」英国版7月号のインタビューで、母親ダイアナ元妃(享年36)について赤裸々に心情を吐露した。

「ずっと母のアドバイスをもらいたかった」

「妻子を母に会わせることができないのが残念だ。しかもこれから絶対に会うことがないと思うと、悲しい」

「ダイアナ」の名前を口にし、母を慕う気持ちを話せるようになるまで20年かかったとも付け加える。キャサリン妃(35)も負けてはいない。ジョージ王子(3)とシャーロット王女(2)の育児について話す。

「もう、どうしようもない時があります」

「子育てはとても孤独です」

王室離脱も考えた王子

しかしなんといってもヘンリー王子(32)の告白は衝撃的だった。アメリカの「ニューズウィーク」(電子版、6月21日付)のインタビューに、「英王室で、国王や女王になりたい人がいるでしょうか。僕はいるとは思わない」と率直だ。さらにイギリスの大衆紙「メール・オン・サンデー」(6月25日付)で、「王室を離脱したいと思ったこともあった」とも発言。「まるで金魚鉢の中で暮らしているようだと感じるときがあるが、最近はうまくやりこなせるようになった。王室を離れて普通の人になりたいとも思ったが、自分の立場を良いことに使っていきたい」と話す。20年前、ダイアナさんの葬列の際に棺の後ろを歩いたのは嫌だったとも言い、「子どもにそういうことをさせるべきではない」と、指示した祖父エジンバラ公を批判さえした。

次ページ3人のオープンな姿勢に対して
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT