居酒屋のぼやきを拝聴!上司VS部下トラブル

イマドキの部下をもつ上司はつらいよ、、、

まだまだ暑いですね。今年の残暑は9月いっぱい続くとか?

ということで今回は少しでも暑さを和らげていただこうと、夏の定番・怪談をお聞かせしようと思います。それもちょっとやそっとの怪談ではございません。背筋も凍る「職場で起きた怪奇現象」をお届けします。

 「怪奇現象」とは言っても幽霊の類ではありません、

今回は私が主宰している「営業部女子課」のメンバーに、「部下の“あるあるネタ”」について聞いてきました。それを基に都内某所にあるサラリーマンの聖地・居酒屋に潜入してみたいと思います。夏バテの防止にもなる(?)「いまどきの部下あるある」をお楽しみください。

「いや、俺たち本当に同期でよかったよな!」

と、早速、こちらは同期入社の新入社員の飲み会のようですね。同期入社のグループ12人、このようにときどき集まっては飲み会などを行っているようです。もちろんみんな同じところにいるわけではなく、関東を中心とした営業所から集まっているようです。いずれにしてもほほ笑ましい光景ではありますが。

「こうやって同期と会えるのが楽しいよね!」

「うちの支店には同期がいないから寂しいよ!」「私も!」

「何があっても同期同志、これからも会おうぜ!」

「そういえばこの間、初めての契約取ったんだよ。」

「何それ? お前それって、俺たち置いて抜け駆けじゃんか!」

「だよなーーー!」

次ページうっかり上司に合コンメールを……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT