タイ人が名古屋の「甘辛い料理」に夢中なワケ

実はバンコクでは「名古屋めし」がブーム

スクンビット通り39の「世界の山ちゃん タイ本店」。店のキャラクター「鳥男」の巨大なフィギュアが目を引く(筆者撮影)

タイで名古屋めしがブームに?!

「タイではここ数年、名古屋を拠点に展開する外食チェーンの出店が続いていて、どの店も人気らしい」

この記事は、『週刊東洋経済臨時増刊 名古屋の逆襲2017』(7月5日発売)に掲載した内容を大幅加筆修正したものです(雑誌表紙画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

このような話を聞きつけ、本当にタイで名古屋めしが人気なのかどうか確かめるべく、タイ・バンコクへと飛んだ。

結論から述べると、数多くの名古屋めしが人気を得ていた。特に手羽先の人気はすさまじく、日本食レストランには必ず置いてあるほどだった。ここでは、実際にオーダーして食べた「タイ流名古屋めし」の詳細をレポートする。

まず訪れたのは、数多くの日本食レストランが軒を連ねる高架鉄道BTS(バンコク・スカイトレイン)のプロンポン駅やトンロー駅界隈。日本企業の駐在員が数多く暮らすエリアだ。そこで気づいたのは、日本で全国展開する有名ラーメン店が多く、名古屋のラーメンチェーンも少なくないことだった。

「麺屋やまと」の「元祖やまとまぜそば」(270タイバーツ ※日本円で約810円)。麺を食べた後に無料で「追い飯」も付く(筆者撮影)

名古屋めしとして人気の「台湾まぜそば」が食べられるのは、トンロー駅前にある「麺屋やまと」。ここでは「元祖やまとまぜそば」というメニュー名だが、見た目も、味も、正真正銘の台湾まぜそば。ただ、辛さがタイ人基準なのか、かなり辛かった。名古屋ではここまで辛くない。汗だくになりながら、何とか完食した。

次ページパンチのある味のほうがウケるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT