タイ人が名古屋の「甘辛い料理」に夢中なワケ

実はバンコクでは「名古屋めし」がブーム

スクンビット通り39の「世界の山ちゃん タイ本店」。店のキャラクター「鳥男」の巨大なフィギュアが目を引く(筆者撮影)

タイで名古屋めしがブームに?!

「タイではここ数年、名古屋を拠点に展開する外食チェーンの出店が続いていて、どの店も人気らしい」

この記事は、『週刊東洋経済臨時増刊 名古屋の逆襲2017』(7月5日発売)に掲載した内容を大幅加筆修正したものです(雑誌表紙画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

このような話を聞きつけ、本当にタイで名古屋めしが人気なのかどうか確かめるべく、タイ・バンコクへと飛んだ。

結論から述べると、数多くの名古屋めしが人気を得ていた。特に手羽先の人気はすさまじく、日本食レストランには必ず置いてあるほどだった。ここでは、実際にオーダーして食べた「タイ流名古屋めし」の詳細をレポートする。

まず訪れたのは、数多くの日本食レストランが軒を連ねる高架鉄道BTS(バンコク・スカイトレイン)のプロンポン駅やトンロー駅界隈。日本企業の駐在員が数多く暮らすエリアだ。そこで気づいたのは、日本で全国展開する有名ラーメン店が多く、名古屋のラーメンチェーンも少なくないことだった。

「麺屋やまと」の「元祖やまとまぜそば」(270タイバーツ ※日本円で約810円)。麺を食べた後に無料で「追い飯」も付く(筆者撮影)

名古屋めしとして人気の「台湾まぜそば」が食べられるのは、トンロー駅前にある「麺屋やまと」。ここでは「元祖やまとまぜそば」というメニュー名だが、見た目も、味も、正真正銘の台湾まぜそば。ただ、辛さがタイ人基準なのか、かなり辛かった。名古屋ではここまで辛くない。汗だくになりながら、何とか完食した。

次ページパンチのある味のほうがウケるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。