タイ人が名古屋の「甘辛い料理」に夢中なワケ

実はバンコクでは「名古屋めし」がブーム

プロンポン駅近くにある「知多らーめん ゆたか亭」は、愛知県半田市や常滑市で展開するラーメンチェーン。醸造業が盛んな知多半島産のたまりしょうゆやみそを使ったラーメンが看板メニューだ。

注文したのは「たまりラーメン」。日本の本店はスープが澄んでいて、もう少しあっさりしていたと思うのだが、タイでは濃厚な豚骨しょうゆ味のスープだった。現地では、パンチのある味のほうがウケるのだろうか。

「知多らーめん ゆたか亭」の「たまりラーメン」(195タイバーツ※日本円で約585円)。スープも濃厚だったが、チャーシューやメンマの味付けも濃厚(筆者撮影)

同行者は「冷やし中華」をオーダーした。名古屋らしくマヨネーズがトッピングされている。味は可もなく、不可もなく、という印象だった。

特筆すべきは、ラーメンと一緒に頼んだ「激うまチャーハン」。ご飯がしっとりとしていて、うまい。この味を出せる店はバンコクでも少ないのでは、と感じた。写真を撮り忘れたのが悔やまれる。

名古屋とあえて同じ味で勝負

一方、スクンビット通り39にある「フジヤマ55」の「旨辛つけ麺全部のせ」は、麺もスープも名古屋で食べるものと、まったく同じ味だった。「フジヤマ55」は日本では、東海地方を中心に北陸や甲信越、関東にもチェーン展開しているが、タイにも7店舗あり、今、最も勢いのあるラーメン店である。

「フジヤマ55 バンコク店」の「旨辛つけ麺全部のせ」(330タイバーツ※日本円で約990円)。各テーブルにIHヒーターが完備されていて、冷めたスープを再加熱できることも名古屋の本店と同じ(筆者撮影)
次ページピリ辛濃厚スープが彼らを引き寄せる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT