タイ人が名古屋の「甘辛い料理」に夢中なワケ

実はバンコクでは「名古屋めし」がブーム

セントラルワールドには、愛知県一宮市に本社があるカレーチェーン「CoCo壱番屋」もある。日本国内ではファストフードっぽいポップな店の造りだが、ここでは一転、高級な雰囲気。流行に敏感なタイの若者たちの間では、オシャレして「ココイチ」へカレーを食べに行くのがステータスなのかもしれない。

あんかけスパのコショウは控えめ

ほかの店ではあまり見掛けない名古屋めしを提供しているのは、スクンビット通り39にある「名古屋飯&焼酎BAR 花かるた」。店内に入ると、カウンターの奥にズラリと並んだお酒のボトルが目を引く。なんでも、ウイスキーやバーボン、焼酎、日本酒など1200種類のアルコールがそろっているという。名古屋めしは15種類ほどメニューにあったので、まずは「みそやっこ」をアテに生ビールでのどを潤した。

店を切り盛りする水谷篤史氏は、バンコクへ来てから10年以上経つという。タイでは食べられる店がなく、自ら味を研究して作り上げたのが「あんかけパスタ」だ。ソースのとろみ具合やトマトの酸味、極太の麺はまさに、あんかけスパである。ただ、ガツンとくるコショウの辛さは控えめ。

「以前はコショウをきかせていたが、お客さんから辛すぎる、と言われたので……。もちろん、名古屋出身のお客さんではありません」(水谷氏)とか。

また、ここには熱々の鉄板で出されるイタリアンスパ、通称“イタスパ”もある。その名前だと名古屋以外の人には伝わらないのか、メニューには「ナポリタンスパゲッティ」とあった。しかし、英語表記では、「Naporitana spaghetti nagoya style」と、しっかり名古屋風であることが書かれていた。

熱々の鉄板に溶き卵が流してある「ナポリタンスパゲッティ」(260タイバーツ ※日本円で約780円)。名古屋の喫茶店ではおなじみのメニューだ(筆者撮影)
次ページ次のブームも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT