ソニー渾身「スマートウォッチ」の真価と課題

wenaの新製品は革バンドに「Felica」を格納

新製品は「wena wrist Leather」。バッテリー不要のカード型FeliCaに採用されている技術を基礎に、それを柔軟性のある革バンドの中に収めることにより、電子マネー機能を手持ちの時計(18、20、22ミリの3つの幅から選べる)で実現する。革バンドの中に収めることが可能な新しいFeliCaチップも新規開発した。価格はいずれも8380円(税別)。12月下旬発売の予定で開発の追い込みが行われている。

同時に、従来は腕時計本体とセットでのみ販売してきたwena wristのステンレスバンドも22ミリ幅のみの展開ではあるが、シルバーモデル3万3880円、ブラックモデル3万6880円で7月11日から販売する。

これによって、wenaが目指してきた「趣味としての腕時計にスマートバンドを組み合わせることで新しい価値を提供する」というコンセプトが、一歩、理想に近づいたと言えよう。

誤解のないよう改めて言うが、wena wrist Leatherは技術的にはカード型FeliCaの派生とも言える商品だ。バッテリー不要で電子マネーに特化して、チャージと支払いを行う機能しかない。また現時点では楽天Edyのみが対応電子マネーサービスとして名を連ねる。

ステンレスバンドはさまざまな制約から、交通系電子マネー(具体的にはSuicaやPASMOなど)に現時点で対応できていない。今回の製品も同じか?と感じている方もいるだろうが、実は今回のほうが交通系電子マネーに対応できる可能性はある。

新開発のFeliCaチップは複数種類のサービスに同時に対応できるよう設計されている。チャージしながら使うのであれば、仕組みとしてはカード型SuicaやPASMOとまったく同じでよく、トレイの上に置いてチャージする新型のチャージ端末が普及すれば、wena wristの提案する利用シナリオを多くの人が活用できるようになる。

楽天Edy以外への対応は?

ソニー新規事業創出部wena事業室統括課長の對馬哲平氏(筆者撮影)

具体的には楽天Edy以外のFeliCaサービス提供者と、どこまで話をしているかについて、對馬氏は「それはまだ言えません。しかし、カードを挿入しなくても良い電子マネーチャージ端末が普及しているサービスならば、基本的には対応していける」と話す。

また、wena以外に視点を広げてみると、フレキシブルなバンドにも活用できる信頼性の高いFeliCaが実現できれば、それを応用して複合商業施設向けの決済が行える電子チケット、リストバンドなどへの応用の可能性も広がってくるだろう。

B2Bへの広がりが出てくれば、将来的には生産量の増加からコストを大幅に圧縮できる。そうなってくれば、エンドユーザー向けだけにwena wristを展開するのではなく、時計メーカーなどに技術供与する道も開けてくる。

次ページ今後の課題は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT