「働かないおじさん」だって、心底悩んでいる

中高年が企業に囚われる悲劇

成果だけってのはあんまり褒められない(撮影:沼田 学)

為末:スポーツ業界では、やっぱり「②>③」ですね。努力が何よりも大切。成果は出る、出ないもの両方あるんだろうけど、成果だけってのはあんまり褒められないですね。よく語られるのは「あいつみてみろ、あいつは結果が出ているけど、すぐに落ちるんだ」という言い方です。さらに追い打ちをかけるのが「あいつは2時間しか練習しないのにこれだけ打てているんだから4時間すると2倍打てるはずだ」という発想です。「時間をかければ、頑張ればよくなる」という発想です。

中原:興味深いですね。「あいつは2時間しか練習しないのにこれだけ打てているんだから4時間すると2倍打てるはずだ」という仮定法的主張が受け入れられるのなら、無限にトレーニングしなくてはならなくなりますよね。だって、やればやるほど、いいんだから。

為末:おっしゃるとおりです。

過剰な努力信仰が足かせになるときが来る

『仕事人生のリセットボタン: 転機のレッスン』 (ちくま新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

中原:そして、スポーツ業界で起こっている、この「努力」の部分を「残業」とか「長時間労働」にすると、日本の企業で起こっていることが見えるんじゃないかと思うんです。「残業をしながら成果を出す」ことがよいことで、「残業しなくても成果を出す」のは、眉をひそめられるということです。これに拍車をかけるのが「職場の同調圧力」の強さですね。しかし、これも行き詰まっているような気がします。こうした考えが、ある意味、女性の社会進出を妨げていると思います。子育て中の女性は、残業はなかなかできませんから。また、これから、この国を襲うのは「親の介護」の問題です。

子育てと違って、ある日、突然、親の介護が人々に降りかかります。そんななか、介護で一時期長い残業ができない、短時間しか働けないということが、「みんなの問題」として経験されるようになるでしょう。過剰な努力信仰は、そのとき、完全に足かせになってくるでしょう。今後、転換点を迎えると思います。育児や介護……これからより多くの人々が「訳ありの状態で仕事をすること」になっていくのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT