マイナス成長脱した、欧州景気の持続力は?

景気・経済観測(欧州)

7~9月期入り後の景気も拡大基調が続いていることを示唆する経済指標が増えている。

企業マインドの代表指標であるユーロ圏の購買担当者(PMI)総合指数は、7月に好不況の分岐点である50を18カ月振りに上回った。同指数の水準からは7~9月期のユーロ圏の実質GDP成長率が小幅プラスとなる可能性が示唆される(図表1)。

7~9期は天候要因による押し上げが剥落する一方、ドイツなど欧州中部で6月に発生した大規模洪水の復興関連需要が顕在化するとみられ、成長軌道を維持することが予想される。

内需の落ち込みは解消されず

では、欧州景気は後退局面を脱し、持続的な拡大局面に入ったと言えるのだろうか。

これまでは外需の回復で内需の冷え込みをカバーしきれず、マイナス成長が続いてきた。今後は外需の回復で内需の下押しを相殺し、どうにかプラス成長が定着しそうだ。ただ、内需の落ち込みが解消されるまでにはなお時間がかかり、しばらくは外需頼みの片肺飛行が続く見通しだ。そのため、景気回復の足取りは緩慢なものにとどまることが予想される。

内需の回復を阻害する要因として、①財政引き締め圧力の継続、②深刻な雇用情勢、③銀行の貸し出し抑制姿勢の継続――の3つが挙げられる。それぞれについて概況を見てみよう。

次ページ内需回復を阻害する要因
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT