訪朝終えたロッドマン氏、「いい旅だった」

2013年と2014年にも訪朝

 6月17日、NBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏は北朝鮮での滞在を終えて北京国際空港に到着。「いい旅だった」と語った(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 17日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)の元スター選手、デニス・ロッドマン氏(56)は17日、北朝鮮での滞在を終えて北京国際空港に到着、記者団に「いい旅だった」と語った。

ロッドマン氏はかつて平壌で金正恩朝鮮労働党委員長と面会したことがあり、先週同地に発つ前にはスポーツ交流をしたいと話していた。同委員長に会ったかどうか聞かれると、「いずれ分かる」と返答した。

北朝鮮を旅行中に拘束され昏睡状態となった米国人大学生オットー・ワームビア氏が、ロッドマン氏の訪朝当日に解放されたことについて、何らかの役割を果たしたかどうかについても質問されたが、同氏はコメントしなかった。

ロッドマン氏は2013年と14年にも訪朝。当地で開催したバスケットボールのイベントのもようや、金委員長にハッピーバースデーの曲を歌う同氏の姿がドキュメンタリー映像に残されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行員の不安<br>みずほ1.9万人削減の「次」

メガバンクは大規模な人員削減策を次々発表。地銀は105行のうち48行が本業赤字。業界は過当競争やカネ余り、フィンテックなどの「黒船」に揺れる。不安だらけの銀行員の未来は?