訪朝終えたロッドマン氏、「いい旅だった」

2013年と2014年にも訪朝

 6月17日、NBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏は北朝鮮での滞在を終えて北京国際空港に到着。「いい旅だった」と語った(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 17日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)の元スター選手、デニス・ロッドマン氏(56)は17日、北朝鮮での滞在を終えて北京国際空港に到着、記者団に「いい旅だった」と語った。

ロッドマン氏はかつて平壌で金正恩朝鮮労働党委員長と面会したことがあり、先週同地に発つ前にはスポーツ交流をしたいと話していた。同委員長に会ったかどうか聞かれると、「いずれ分かる」と返答した。

北朝鮮を旅行中に拘束され昏睡状態となった米国人大学生オットー・ワームビア氏が、ロッドマン氏の訪朝当日に解放されたことについて、何らかの役割を果たしたかどうかについても質問されたが、同氏はコメントしなかった。

ロッドマン氏は2013年と14年にも訪朝。当地で開催したバスケットボールのイベントのもようや、金委員長にハッピーバースデーの曲を歌う同氏の姿がドキュメンタリー映像に残されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT