トランプ政権、「バノン復活」がもたらす災厄

このままではジャパンバッシングが再燃する

安倍晋三首相と米トランプ政権の蜜月はどう変化するのか(写真:ロイター/Jonathan Ernst)
この連載の一覧はこちら

ドナルド・トランプ米大統領の愛娘イヴァンカ補佐官と、その娘婿のジャレット・クシュナー上級顧問は、トランプ大統領の側近中の側近。しかも2人とも親日派である。

この2人は、安倍晋三首相が外国首脳で最初にトランプ氏に会ったとき、ニューヨークにあるトランプタワーの応接室で同席した。それは、トランプ氏が大統領に就任する前だったが、そのときのイヴァンカ氏の親日家としての気持ちが、その後の日米首脳会談を大成功に導き、さらに日米同盟の強化に大いに役立ったことは間違いない。

イヴァンカ、クシュナー2人が窮地に

イヴァンカ氏のオーラに陰りがみえている(写真:ロイター/Michael Sohn/Pool)

日米首脳会談前後のやり取りについては「安倍・トランプの関係は『ファミリー』同然だ」で詳述したとおりだ。イヴァンカ氏は、現在、大統領補佐官としてトランプ氏をサポートしているが、一時、キャロライン・ケネディ氏の後任駐日大使の候補にもなった。イヴァンカ氏が親日家でなければ、そんな話は出てこなかったはずだ。

その側近中の側近である2人が、目下とんだ「ご難」に見舞われている。イヴァンカ氏には「産休・育児制度法案」をめぐる逆風が吹き、クシュナー氏にはロシアに極秘通信ルート開設を打診した疑惑が飛び交っている。

次ページアメリカは産休・育児制度の後進国
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT