トランプ政権、「バノン復活」がもたらす災厄

このままではジャパンバッシングが再燃する

安倍晋三首相と米トランプ政権の蜜月はどう変化するのか(写真:ロイター/Jonathan Ernst)
この連載の一覧はこちら

ドナルド・トランプ米大統領の愛娘イヴァンカ補佐官と、その娘婿のジャレット・クシュナー上級顧問は、トランプ大統領の側近中の側近。しかも2人とも親日派である。

この2人は、安倍晋三首相が外国首脳で最初にトランプ氏に会ったとき、ニューヨークにあるトランプタワーの応接室で同席した。それは、トランプ氏が大統領に就任する前だったが、そのときのイヴァンカ氏の親日家としての気持ちが、その後の日米首脳会談を大成功に導き、さらに日米同盟の強化に大いに役立ったことは間違いない。

イヴァンカ、クシュナー2人が窮地に

イヴァンカ氏のオーラに陰りがみえている(写真:ロイター/Michael Sohn/Pool)

日米首脳会談前後のやり取りについては「安倍・トランプの関係は『ファミリー』同然だ」で詳述したとおりだ。イヴァンカ氏は、現在、大統領補佐官としてトランプ氏をサポートしているが、一時、キャロライン・ケネディ氏の後任駐日大使の候補にもなった。イヴァンカ氏が親日家でなければ、そんな話は出てこなかったはずだ。

その側近中の側近である2人が、目下とんだ「ご難」に見舞われている。イヴァンカ氏には「産休・育児制度法案」をめぐる逆風が吹き、クシュナー氏にはロシアに極秘通信ルート開設を打診した疑惑が飛び交っている。

次ページアメリカは産休・育児制度の後進国
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT