トランプ政権、「バノン復活」がもたらす災厄

このままではジャパンバッシングが再燃する

安倍晋三首相と米トランプ政権の蜜月はどう変化するのか(写真:ロイター/Jonathan Ernst)
この連載の一覧はこちら

ドナルド・トランプ米大統領の愛娘イヴァンカ補佐官と、その娘婿のジャレット・クシュナー上級顧問は、トランプ大統領の側近中の側近。しかも2人とも親日派である。

この2人は、安倍晋三首相が外国首脳で最初にトランプ氏に会ったとき、ニューヨークにあるトランプタワーの応接室で同席した。それは、トランプ氏が大統領に就任する前だったが、そのときのイヴァンカ氏の親日家としての気持ちが、その後の日米首脳会談を大成功に導き、さらに日米同盟の強化に大いに役立ったことは間違いない。

イヴァンカ、クシュナー2人が窮地に

イヴァンカ氏のオーラに陰りがみえている(写真:ロイター/Michael Sohn/Pool)

日米首脳会談前後のやり取りについては「安倍・トランプの関係は『ファミリー』同然だ」で詳述したとおりだ。イヴァンカ氏は、現在、大統領補佐官としてトランプ氏をサポートしているが、一時、キャロライン・ケネディ氏の後任駐日大使の候補にもなった。イヴァンカ氏が親日家でなければ、そんな話は出てこなかったはずだ。

その側近中の側近である2人が、目下とんだ「ご難」に見舞われている。イヴァンカ氏には「産休・育児制度法案」をめぐる逆風が吹き、クシュナー氏にはロシアに極秘通信ルート開設を打診した疑惑が飛び交っている。

次ページアメリカは産休・育児制度の後進国
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。