アメリカが画策する「日本叩き」の巨大衝撃

ロス商務長官は日本に対して「100%」厳しい

ウィルバー・ロス長官は日本政府に対して厳しい要求を突きつけている(写真:ロイター/Eric Thayer)

米国の国際貿易委員会(ITC)は4月28日、トヨタ、ホンダ、BMWなど25社が採用している電動モーターが、米国企業の特許を侵害している可能性があるとして、関税法に基づいて調査を開始すると発表した。

その25社の中にはトヨタ系自動車部品大手のアイシン精機、デンソーも含まれている。

日本製品へ制裁関税

ITCは、“準司法機関”として司法の機能をもち、証拠に基づいて判断する独立行政機関として、その権限は大きい。米国の司法をつかさどる裁判所は、米国に所在する企業を裁くことを建前とする機関だが、ITCは米国以外の海外に所在する外国企業を裁くことができる。特許侵害が認定されると、その部品を使っている自動車は米国で販売できなくなる可能性もあり、その影響は甚大だ。

この連載の一覧はこちら

5月5日、ITCは日本や韓国、台湾など8カ国・地域で生産される炭素鋼、合金鋼などの鉄鋼製品について、それらが不当に安い価格で米国に輸入され、国内産業に被害が出ていると認定した。

この認定によって3月に商務省が決定した反ダンピング関税が確定することになった。日本製品に対する制裁関税が正式決定したのは、トランプ政権発足後、これが初めてだ。

反ダンピング関税が課せられる日本のJFEスチール、日本製鋼所などは、日本の鉄鋼業が米国に損害を与えているという認識はほとんどなく、今回の決定にショックを隠せない。

次ページロス商務長官は日本に「100%」厳しい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。