「独り身大国」江戸と現代の知られざる共通点

コスプレに熱中、食事はデリバリーを頼む

荒川:現代のソロ男も、今を生きるために貪欲で、消費や趣味で今この瞬間を楽しもうとしているので、感覚は一緒です。

お江戸の食文化は独身男が支えた

堀口:それから、食文化も栄えました。独身男性が多い江戸。しかも、みんな働いているため自炊するのは大変です。そこで食べ物の行商がはやるんですよ。お総菜やおつゆとかですね。しかも、仕事前に食べられるように、完成したご飯のデリバリーが家にまで来ていたんです。

荒川:そんなサービスがすでに江戸時代にあったんですね。

堀口:和食は江戸時代に発達しましたが、要因は外食産業なんですよ。食事を家で食べられない男性に向けたサービスとして、仕事に出ていった先で軽食を取るために屋台が発達したり、行商があったりと、コンビニエンスな食べ物が発達していきました。

荒川:江戸時代の男性はまったく自炊をしなかったのですか?

堀口:おコメくらいは炊くんですけど、それ以外の物は安い値段で買えてしまえるので、作る必要がなかったんですね。

ただ、江戸時代も260年間あるので、後半になると料理男子が出てくるんですよ。趣味として料理をする男子ですね。すると、レシピ集も出版されるようになって。

荒川:その流れってすごく今と似ていますね。今も外食産業はソロ男たちが支えていて、1人で1家族以上に外食費をかけています(外食費は1家族以上!独身男は「よき消費者」だ)。コンビニなどの中食もそうですね。その反動で、自分で作りたがる料理男子も出てきた。

「江戸時代のソロ男は、子どもは残せなくても今に続く産業を残したと思う」(荒川氏)(写真:ソロ男プロジェクト提供)

堀口:本当だ、すごく似ていますね。

荒川:男余りだったこと、オタクがいたこと、独身男性たちによって食文化が栄えたこと。今の日本と江戸時代の江戸は共通点がたくさんありますね。

結婚しない独身男性に対して「結婚して子どもを残してこそ一人前だ」と説教する人がいるんですが、江戸時代のソロ男たちって、「子孫は残せなかったけど、今に続く文化や産業を残した」と思うんですよ。未婚化や非婚化は決してマイナス部分だけではなく、そうした力もあるんじゃないかと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT