「独り身大国」江戸と現代の知られざる共通点

コスプレに熱中、食事はデリバリーを頼む

荒川:そうでしたね。

しかも、明らかに独身男性が多かった。幕末慶応年間(1865~68年)の史料では、町人16~60歳の男性の有配偶率は、麹町地区で47.3%、渋谷宮益町地区でも46.5%と半分にも達していない状況でした。

独身男が暮らした「長屋」の実態

堀口:独身男性が多い都市で、どうしたら便利に快適に暮らせるのかということで、インフラが整っていく流れが面白いんです。

庶民の独身男性は、独身のまま人生が終わることが多いので、男が1人でも生活していけるコミュニティに所属する必要がありました。それが、互いに持ちつ持たれつの関係でできている長屋です。

長屋は、お手洗いも炊事場も共同で、1人4畳半くらいのスペースで暮らしています。長屋の中で、家事や力仕事を分担し合っていました。そうやって、いろいろな世代やタイプの人が緩やかに生活しているのが長屋で、庶民の生活の最小単位でもあったんです。

荒川:今でいうシェアハウスの多世代型ですよね。若い男も夫婦もおじいちゃんおばあちゃんも、いろんな世代の人がいたわけじゃないですか、長屋って。それがすごくいいなと思うんですよね。

堀口:そうなんですよね。ただ、江戸の人はプライバシーという概念がなかったから大丈夫だったのだと思います。今のわれわれからすると、ふすまを開けたら隣の人が住んでいるという環境は、なかなか慣れないと思うんですけど。

堀口 茉純(ほりぐち ますみ)/お江戸ル・歴史作家 東京都足立区生まれ。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。一方、2008年に江戸文化歴史検定1級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル」として注目を集め、執筆、イベント、講演活動にも精力的に取り組む。最新著書に『江戸はスゴイ』(PHP新書)、レギュラー番組NHKラジオ第1「DJ日本史」、TOKYO MX「週末ハッピーライフ!お江戸に恋して」がある(写真:ソロ男プロジェクト提供)

荒川:でも、僕が小学生の頃ですら、家の鍵はいつも開いていましたし、学校から帰って家に家族が誰もいないのに、たまに隣のおじさんが僕の家の縁側でお茶飲んでいるんですよ。それで違和感がなかった。昭和のあるときまでは、そんな感じだったんじゃないでしょうか。

堀口:そうなのですね(笑)。

当時は年間を通じて何らかの全員参加行事があって、それがコミュニティ内の人を結び付けていたんです。

長屋だと、七夕は井戸を掃除する日って決まっているので、全員で掃除して、皆でそうめん食べて、お酒を飲む、なんてことをしていました。年間を通じて行事が決まっていたので、そのときには嫌でも顔を合わせて互いを知っていたんですが、今は会社でもイベントに強制参加させるのはなかなか難しいでしょうね。

次ページ今のアキバと江戸の相似点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT