コンプレックス男が劇的に人生を変えた理由

医療福祉のエンタメに求める答えがあった

「SOCiAL FUNK!」

「たぶん自分ができるのは、『友達の●●くんを助けたい』というレベルの話なんですよ。福祉の仕事をしていると、障害を持った人とも普通に友達になるじゃないですか。●●くん、●●さん。で、『うまいレストランがあるから一緒に行こう』となったとき、車いすお断りだから入れないと言われたら、えー!となる。もしくは、街にいて『ここにエレベーターがあれば、こんな遠回りしなくて済んだのにね』とか。『じゃあ、自分たちでできることをやろうか』と、そういうレベルで考えるのがいちばんしっくりくるんです。ひねくれているのかもしれませんけど」

インタビューを受ける岡氏の左手薬指には指輪がはめられている。苦楽をともにしてきた事務局長と昨年入籍したという。一時は勘当直前までいった父親からも、NHKの番組に出演したのをきっかけにエールをもらえるようになった。借金を完済し、事業が軌道に乗った現在は順風満帆だ。そして、最近になって人生のレールが数十年先まで敷けるようになったという。

65歳くらいまでのやりたいこと

やりたいことが見えてきた

「2020年までにウブドベのビルを建てて、同時に国際展開も予定しています。そして、2025年に誰かに引き継いで、僕は国連で働きたいと思っています。国連は小学生の頃からいいなーと思っていたんですよ。そこで人権問題をやって、国連を辞めたあとは考古学者になりたい。だいたい65歳くらいまでのやりたいことが見えてきました」

岡氏は小学生時代は人種のるつぼであるアメリカで育った。そこで出会った他人種の友達や嫌なやつ。いろいろな思いがいまの人生につながっている。国連のオフィスに拠点を置いて、「●●くん目線」で人権問題に取り組む岡氏の姿が想像できた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT