コンプレックス男が劇的に人生を変えた理由

医療福祉のエンタメに求める答えがあった

「SOCiAL FUNK!」

「たぶん自分ができるのは、『友達の●●くんを助けたい』というレベルの話なんですよ。福祉の仕事をしていると、障害を持った人とも普通に友達になるじゃないですか。●●くん、●●さん。で、『うまいレストランがあるから一緒に行こう』となったとき、車いすお断りだから入れないと言われたら、えー!となる。もしくは、街にいて『ここにエレベーターがあれば、こんな遠回りしなくて済んだのにね』とか。『じゃあ、自分たちでできることをやろうか』と、そういうレベルで考えるのがいちばんしっくりくるんです。ひねくれているのかもしれませんけど」

インタビューを受ける岡氏の左手薬指には指輪がはめられている。苦楽をともにしてきた事務局長と昨年入籍したという。一時は勘当直前までいった父親からも、NHKの番組に出演したのをきっかけにエールをもらえるようになった。借金を完済し、事業が軌道に乗った現在は順風満帆だ。そして、最近になって人生のレールが数十年先まで敷けるようになったという。

65歳くらいまでのやりたいこと

やりたいことが見えてきた

「2020年までにウブドベのビルを建てて、同時に国際展開も予定しています。そして、2025年に誰かに引き継いで、僕は国連で働きたいと思っています。国連は小学生の頃からいいなーと思っていたんですよ。そこで人権問題をやって、国連を辞めたあとは考古学者になりたい。だいたい65歳くらいまでのやりたいことが見えてきました」

岡氏は小学生時代は人種のるつぼであるアメリカで育った。そこで出会った他人種の友達や嫌なやつ。いろいろな思いがいまの人生につながっている。国連のオフィスに拠点を置いて、「●●くん目線」で人権問題に取り組む岡氏の姿が想像できた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT