資本主義が「中毒症」を生み出すメカニズム

2人の「ノーベル賞」受賞者が鳴らす警鐘

ロバート・J・シラー/イェール大学スターリング経済学教授。2013年ノーベル経済学賞受賞。著書に『アニマルスピリット』(アカロフとの共著)、『それでも金融はすばらしい』『投機バブル 根拠なき熱狂』『新しい金融秩序』『バブルの正しい防ぎかた』など(写真:Michael Marsland)

モリーは自分の問題を熟知している。別に勝つつもりでスロットマシンに向かうわけではない。負けるのは承知のうえだ。彼女を動かしているのはむしろ強迫観念だ。そして、ギャンブルに没頭してしまうと孤独になる。その行動は素早くて連続的だ。「ゾーン」に入り込んでしまう。

赤いボタンを押す。光とショーが始まる。勝ったり負けたりする。赤いボタンをもう1回押す。そしてもう1回。もう1回。さらにもう1回。さらに……としているうちにおカネが底をつく。

モリーはラスベガスの特異例なんかではない。10年前には、カジノでの心筋梗塞による死亡は大きな問題だった。救急担当者たちがギャンブラーたちに道をふさがれて現場にたどりつけないのだ。とうとうカジノは、独自の心臓発作対策専門チームを置くようになった。

ある監視ビデオを見ると、なぜそんな特別チームが必要なのかわかる。そのビデオでは、カジノのプレーヤーが心筋梗塞になり、チームが心肺蘇生を行っているのに、まわりのプレーヤーたちはそのままギャンブルを続ける。被害者が文字どおり足元に倒れているのに、没頭状態から脱する様子もない。

自由市場は何をしてくれるのか

1890年代から現在に至る、スロットマシンの是非をめぐる歴史は、市場経済についての私たちの二重の見方をよく示してくれるものでもある。最も基本的なところで、私たちは市場をたたえる。自由市場は平和と自由の産物であり、人々が恐怖におびえていない安定した時代に花開く。

でも、ほしいものを与えてくれる開く箱を作ったのと同じ利潤動機が、中毒性の車輪を回し、その特権と引き換えにおカネを奪うスロットマシンも創り出した。

本書のほとんどは、スロットマシンのよい面よりは、いわばスロットマシンの悪い面を扱うものだ。経済思想と経済そのものの改革論者である私たちは、世界ですでに正しいものを変えるつもりはなく、まちがっているものを変えたいと思っているからだ。でもそれを始める前に、市場が私たちのために何をしてくれるのかを見直すべきだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT