4人以上の場で話が苦手な人に教えたい知恵

心地よい2番手を目指し、否定語は発するな

「乾杯した後、この大勢の中でどう振る舞ったら……」と密かに悩む人は少なくないはずです(写真:Ushico / PIXTA)
4人以上の場になると、なぜか話しにくくなり、言葉数が減ってしまいがちです。
とはいえ、発話量最下位にはなりたくないし、「この人、あんまりしゃべってない」とも思われたくない――。こんな心理が働く、話しにくい「複数の場」において、どうすれば自然と「話していない」イメージを振り払うことができるのでしょうか?
「複数の場で話せるようになるには、『脳の処理能力の壁』問題を踏まえた対策が必要」と明かすのは、3000億以上の人間の行動を分析し、1000件以上の集団インタビューをしてきた、『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』の著者・岩本武範氏。4人以上集まっても言葉数が少なくならず、そして印象においても「最下位」にならないための大きな戦略と、発話量を増やす戦術を伝授します。

「2番手」が最強のポジションである

話せるようになる前に、4人以上の場での「大きな戦略」として、目指してほしいポジションがあるのですが、それは「2番手」。飲み会やランチ会、ミーティング前の雑談などで人が集まったとき、もっとも印象がいいポジションがあるのですが、それこそが発話量が2番目に多い「2番手」です。

「話せない」と悩む4番手や3番手は会話量が少ないので印象をよくするのは難しいのですが、かといって無理に話してもイメージは好転しません。

むしろ、普段話せない人が何とか話そうとすると、「必死感」が相手に伝わり、「なんか頑張ってる」と感じ取られてしまうことも。それに、口数がいちばんの1番手は、「自分のことばかり話している」と思われる危険性もあり、そもそも慣れない人が1番手を務めても長くはもたないでしょう。

次ページ日本人の多くが無意識的に好んでいる「2番手」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT