快進撃!「auスマートパス」の“仕掛け"

KDDIの有料スマホサービス、700万会員を突破

よく「パソコンではお客さんを集める自信があるけど、スマホに対するアプローチの仕方がよくわからない」という声を聞きます。こうした企業こそ、われわれと協力しやすいのではないかと思います。もちろん、私たちも以前の携帯電話の時代のようにユーザーの反応があるかと言えば、そうでないものもあります。そこは試行錯誤の連続ですね。

auショップも活用し、他社と差別化

――ユーザーとの接点を持っているのは携帯電話会社の強みですね。

確かに、何かサービスを出したけど、ユーザーが集まらず、まったく反応がないということはありません。来ていただいた方の反応をチェックすることはできる。この違いはありがたいです。アプローチの仕方として、パソコン向けのサービスならメルマガなどがあげられますが、われわれは端末だけでなくauショップもあります。こうしたリソースを活用しながら、他社とは違う形でやっていきます。

――田中孝司社長はどのような指示を?

「とにかくユーザーを送り込む送客パワーを付けるんだ」「これは新規事業にもつながる。そのための起点を作れ」と、毎日のように言われています。私の顔を見る度に「わかっているな?」という感じです(笑)。

でも、その通りです。ユーザーを効率的に送り込めるようになれば、プラットフォームはさらに活性化します。この、たくさんの人が行き交う大通りにコンテンツのお店を出すことで、初めてお店に人が来てくれる。こうした仕組みを作れと、つねに言われています。 

――1000万を超えて、会員数はどこまで伸びますか?

究極的にはスマホをお持ちのユーザー全員に広げたいと思っています。ただし、1000万会員を超えると、サービスはスマホ向けだけでよいのか、ということになると思います。つまり、ケーブルテレビ向けなども充実させていかないと。これから増えていくシニアはテレビ世代の方も多いので、ここにアプローチしていくことになると思います。どんな端末でも楽しめる真のマルチデバイス化を進めないと、こうした世代には入り込めない。グループのジェイコムやJCNとテレビを起点としたビジネスを作っていくことができれば、さらに成長できると思います。

(撮影:山内 信也)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。