アマゾンは、メディアで稼げるか?

ベゾスの「メディア改造計画」を予測する

4)キンドルとの連携

最後に、キンドルとの連携もカギになる。キンドルは一定の成功を収めているが、iPadやサムスンのギャラクシーに比べると存在感が薄い。2013年1〜3月のタブレット市場におけるアマゾンのシェアは3.7%。アップルの39.6%、サムスンの17.9%とは大きな開きがある(米調査会社IDC調べ)。キンドルには、書籍専用端末として生きる道もあるが、急成長するタブレット市場を狙わない手はない。

そのために大事なのが、「読書」以外の用途だ。そのひとつとして、「ニュース」は最適といえる。本を買うのは週に一度のユーザーでも、ニュースは毎日読むからだ。

たとえば、キンドルのトップ画面に、自分にパーソナライズされた有料ニュースが表示されるようになれば、一気にユーザー層が広がるはずだ。さらに、eメールやネットサーフィンも快適にできれば、他のタブレットと十分渡り合えるだろう。「アマゾンがスマホを開発中」との噂も根強いが、将来スマホの販売を伸ばすためにも、ニュースはウリになるはずだ。

ほかに、キンドルの普及を進めるため、「ワシントン・ポストの年間購読者や、有料ニュースの年間契約者には、キンドルを無料で配る」といったキャンペーンも考えられる。

東部カルチャーとの相性

以上、4つの連携策を考えてみたが、現代屈指のイノベーターであるベゾスの思考は、外野からは伺い知れない。ただ、本人も明言するように、短期的な利益をむやみに追い求めることはないだろうし、ジャーナリズムの公共性にも配慮するだろう。

そもそもベゾスは、他のネット企業と比べて、“活字”との距離が近い。妻のマッキンジーは小説家であり、ベゾスも大の本好きで知られている。しかも夫婦が卒業したのは、教養主義が色濃い東部の名門プリンストン大学だ。理系色の濃いシリコンバレーのスタンフォード大学とはカルチャーが違う。メディア企業の多くが東部に集結していることを考えると、ベゾスのバックグラウンドはプラスに働くだろう。

今回の買収劇によって、メディア業界が救われるかどうかはまだわからない。ただし、ベゾスの参入によって、ひとつの希望、楽しみが増えたことだけは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT