トランプ米大統領、コミーFBI長官を解任

2013年にオバマ前政権下で就任

 5月9日、トランプ米大統領は連邦捜査局(FBI)のコミー長官(写真)を解任した。3日撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃解任した。昨年の大統領選の民主党候補、クリントン元国務長官の私用メール問題への対応が理由としたが、民主党などからはロシアの米大統領選介入疑惑を巡るFBI捜査の動きを鈍らせるものだと懸念する声が上がった。

トランプ大統領は、コミー長官宛ての書簡で「FBIの新たなトップを見つけて国民の信頼と法執行遂行への自信を回復することが不可欠」と説明。

書簡によると、トランプ大統領は、コミー氏にはFBIを適切に率いることができないとしたセッションズ司法長官の助言を受け入れた。

コミー氏は2013年にオバマ前政権下で就任。任期は23年9月までとなっていた。

同氏は、クリントン元国務長官のメール問題に関する捜査で、昨年7月に不起訴の方針を表明したにもかかわらず、11月の大統領選の投票11日前に再捜査に転じたことが問題になっていた。

ホワイトハウスの当局者らは、ローゼンスタイン司法副長官がFBIの状況を見極め、コミー氏への信頼が失われていると判断したと説明。ホワイトハウスはローゼンスタイン氏がセッションズ司法長官に宛てたメモを公表した。

ローゼンスタイン氏はその中で「クリントン氏の電子メールに関する捜査結果を巡るコミー長官の対応を擁護できない。コミー氏は間違っていたというほぼ一致した見解を同氏が受け入れようとしないことも理解できない」としている。

セッションズ氏はこの見解に同意したため、司法長官への指名を受ける前にトランプ氏に助言していた。大統領は9日に助言を受け入れた。

「FBIと国家にとっての損失」

上院情報委員会のリチャード・バー委員長は声明を出し、突然の解任について懸念を表明。「FBIと国家にとっての損失」と反発した。同委員会もロシアの大統領選介入疑惑を独自で調査している。

FBIは選挙に勝利したトランプ陣営とロシアとの関係についても調査。トランプ政権はロシアと共謀していたとの疑惑を否定している。

トランプ大統領は、クリントン氏のメール問題で訴追を見送ったコミー氏の判断を当初は批判したが、その後は同氏の対応を称賛している。

元FBI当局者のオースティン・バーグラス氏は「トランプ氏はメール問題の調査についてコミー氏を称賛しているため、それが理由ではない」と指摘。「現在行われているロシア関連捜査の重大さに気付き、解任したというのが、現時点で唯一納得できる説明だ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。