検索時代が生んだ「婚活難民」の果てなき迷走

誰にでも出会えるから、誰とも結婚できない

ところが今は、いくらでも「選べる」時代だから、嫌なところが見つかると、「ハイ、次!」となってしまう。大手結婚相談所には、6万人近い人たちが登録をし、有名なアプリには500万人以上が登録をしているのだから、会おうと思えば、100人でも、200人にでも出会える。

何でも「条件検索」可能になって失われたもの

さらにネット婚活の弊害は、最初に条件検索ができることだ。顔写真があり、年齢、年収、学歴、仕事、趣味などの情報を見て“会ってみたい”と思う人にお見合いの申し込みをする。

条件を踏まえて出会いに臨むと、頭の中にチェックシートを設けてしまう。“写真よりもずいぶん老けているな”“年収が人並み以上にあるのに、ご飯が割り勘なんてケチだわ”“有名大学を出ているのに、メールの文章が幼稚”などと、条件と照らし合わせて厳しい目でジャッジをし、加点するよりもどんどん減点をしていく。

いくらでも選べる時代だからこそ、もう少し、一つひとつの出会いを大切にしてみてもいいのではないか。減点法ではなく加点法で相手を見て、気持ちを育てていってもいいのではないか。

先日、こんな話をお見合い前の女性会員にホテルのロビーでした。そして、その日見合いする男性と引き合わせ、ティーラウンジに入っていく2人を見送った。

見合いを終えた彼女から、こんなメールが来た。

「鎌田さんがお話ししてくださったとおり、加点方式でいこうと思いました。でも、お相手があまりにも固い方で圧迫感がすごく、途中で息苦しくなりました。お断りでお願いします。難しいですね。100%理想を追い求めているわけではないのに」

う~ん、現実はなかなか厳しいものだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。