他人の店の中に開店!レストラン界の革命児

かつてない出店方法で話題騒然

サンフランシスコのシェフ、アンソニー・ミントの活動を見ていると、「まさにこれこそ、現代という時代の生き方なのではないか」と感じることが多い。

ミントは、現在35歳。数年前にミッション・チャイニーズ・フードという名前のレストランをオープンして有名になった。ただ、「オープン」と言っても、よくあるレストランのような仰々しい開店ではないところがミソだ。

オープンしたのは、すでにそこにある中華レストランの中。その中華レストランは、あるタイプの中華料理店だ。いや、どちらかというとボロいタイプの中華料理店である。ミントは、そこに間借りするようなかたちで、ミッション・チャイニーズ・フードを開店したのである。

これは、今でこそ「ポップアップ」という名前で称されるようになっている方法だが、その当時はそんなコンセプトはなかった。他人の店の中で、一時的な店を開く。自分の店構えもインテリアも持たず、したがって開店のための初期投資もなく、ただ料理の腕だけで仮レストランをオープンするというやり方だ。

ミントという人にとって、その方法は決して例外的な出来事ではなかった。彼の行動はいつも等身大で、自分にとって自然な方法で、自分のやりたいことを実現してきたからだ。

世界一周旅行で目覚めた「才能」

ミントは1978年、バージニア州でビルマ(現ミャンマー)からアメリカに移民した中国系の家庭に生まれた。ごく普通に大学を卒業し、卒業後に就職したのは旅行業界に特化したマーケット・リサーチ会社だった。大学で専攻したのは経済学とアジア研究である。

数年働いた後に退職して、世界一周旅行に出る。そこで6大陸、31カ国を訪問。彼が食の道へと進むのは、この旅行がきっかけとなっている。その間に口にした多様な料理に、彼の感性が目覚めたのだ。

旅行から戻って、ミントは居をサンフランシスコに移し、そこでレストランで見習いシェフとして一から料理を学び始めた。いくつかのレストランを経由して、最後に行き着いたのは、バー・タルティーンという創作的な料理で知られるレストランだった。

次ページ一週間に一晩だけ、店を借りて営業
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT