トイレットペーパーを漫然と買うと損をする

「エリエール」値上げでじっくり考えてみた

大王製紙は5月から家庭紙全品を値上げする(撮影:大滝俊一)

私たちの日常に欠かせない「紙」が値上げに――。大王製紙は5月1日、ティッシュ、トイレットペーパー、キッチンタオルなどの家庭紙全品について10%値上げをした。ガス・電気等のエネルギーコスト、輸入パルプや古紙等の原料単価の高騰を吸収できないのが理由という。

報道でも大きく取り上げられたので、目にした人も多いはずだ。エリエールファンの中には、買いだめに走った人もいるかもしれない。

一方、大王製紙の発表とは逆をいくように、セブン-イレブン・ジャパンは日用品の価格を見直し、こちらは紙製品を含む61品目を値下げする。値下げはナショナルブランド対象で、実勢価格に近づけるのが目的だという。たとえば「ふわっとやさしいティシュー」5個パックが298円から248円へと50円の値下げだ。

このように価格変動の波にさらされている「紙製品」だが、毎日少なからずお世話になるだけに、漫然と買うのと、意思を持って買うのとでは、何十年単位では総コストはかなり違ってくるだろう。今回はこの紙をめぐるニュースを入り口に、「紙類」の買い方についてじっくり考えてみたい。

激戦区のドラッグストアの仁義なき戦い

この連載の記事一覧はこちら

ティッシュやトイレットペーパーを安く買おうと考えた場合、手近なのはドラッグストアだろう。箱ティッシュやトイレットペーパーは流通にとっての客寄せ、目玉商品でもある。はっと目を引く特価をつけて、そのまま店内に誘導する役割を担う。

店としては「ついで買い」をしてくれればいいわけで、赤字覚悟の価格をつけることもあると聞く。さらに言えば、同じエリアに複数軒のドラッグストアがひしめいている地域では露骨に値下げ合戦が繰り広げられる。しかも、同じチェーンであっても、互いにライバル店だ。同じ銘柄のティッシュ5箱セットなのに同チェーンのA店よりB店のほうが安いということはざらにある。

次ページ筆者の地元でチェックしたところ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT