郊外住宅地には「夜の暮らしの充実」が必要だ

「月1回・夜9時まで」開かれるスナックの正体

郊外住宅地の中に求められるのは、駅前商業地にあるような商業主義ではない。それは本物の飲食店でやればいい。かといって、行政やいわゆる市民団体が行う市民主義でもない。それは公民館でやればいい。

住宅地の飲食店は、「趣味開き」がちょうどいい

商業主義と市民主義の中間。あえていえばコミュニティビジネス的なものだが、それも言葉としてはしっくりこない。趣味の延長でもあるが、自分の部屋にこもって趣味に耽溺(たんでき)するのではなく、それを人に公開して楽しみ、少しは稼ごう、という意味では一種の住み開き。「趣味開き」とでも言っておこうか。

筆者も趣味のLPレコードでロックとジャズの歴史を解説するイベントを行った(撮影:編集部)

実際、スナックとみとで料理を作る人は、いつかは自分の店を開いてみるのもいいかな、といったくらいの気持ちの普通の人が担当しているという。鳩山ニュータウン(埼玉県・比企郡)にも2017年7月以降に、ユニークなスナックができるという話もある。それも素人によるものだ。楽しみである。

最近は若い世代にスナックブームが起きつつあり、若い人が店主をつとめる「ニュースナック」も増えているという(玉袋筋太郎『スナックの歩き方 』イースト新書Q 2017年)。

「CASACO」は第1回デザインアワード2017(日本建築家協会関東甲信越支部神奈川地域会)の優秀賞に選ばれた(撮影:梅谷秀司)

店主がプロではなく、副業や趣味であることも多い。ニュースナックが、都心の繁華街だけでなく、郊外のニュータウンにも増えたほうがいい。

2016年に私は多摩ニュータウンを設計した方の話を聴く機会があったが、彼は多摩センター駅前の大通りに屋台をたくさん出したいと言っておられた。あの人工的なニュータウンを設計した方が、そのように言われたことに私は感銘を受けた。ぜひとも土曜日の夜あたりに多摩センター駅前に無数の屋台が出るようにしてほしいものだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。