心をゆさぶる!歌川国芳の「ねこ」と「特撮」

府中市美術館の展覧会に行ってみた

国芳の魅力とは?

現在、府中市美術館で開催中の展覧会「歌川国芳 21世紀の絵画力」。現代人の心をつかんだ、国芳の魅力とは?ダイナミックなものから、思わずくすっと笑ってしまうものまで、見逃せない数々のコレクションを、展覧会の様子とともにお伝えしていきます。

「国芳といえば〈ねこ〉」という今の視線

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

歌川国芳、という画家を知っていますか? どんな絵を思い浮かべますか?「ねこ!」と1ミリの迷いなく思ったなら、それはあなたが21世紀の人間である証かもしれません。

「われわれ現代人の心を直撃する国芳の猫ですが、昔は〈国芳といえば武者絵〉。じつは猫はあまり注目されていませんでした。ずっと〈すごいすごい〉といわれ続けてきた北斎などとは違って、国芳評価の低い時代も長かったんですよ。」

こう話すのは、府中市美術館の金子信久さん。国芳を新たな切り口で捉え直した展覧会や書籍を手がけて国芳ブームを牽引してきた存在です。その金子さんが、2010年の「歌川国芳─奇と笑いの木版画」展から7年、ふたたび国芳と向き合って企画したのが、現在開催中の「歌川国芳 21世紀の絵画力」。

どうして今、国芳がウケているの?──その背景と理由をじっくりと探る展覧会です。

《猫の当字 ふぐ》(後期展示)
次ページ「歌川国芳 21世紀の絵画力」展の魅力とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT