所沢が「埼玉の人口争奪戦」独り負けの理由

急減した人口は「入間や狹山」に流出していた

転出超過しているのはさいたま市緑区が最も多く、なんとマイナス1165人、ついで越谷市がマイナス523人などとなっている。また年齢別に見ると、23区内から25~44歳の人口が転入し、40~49歳、およびゼロ~9歳の子どもが県内に転出している。

マンションが多い市なので、子どもの成長とともに、より広い面積の集合住宅や、戸建て住宅を求めて他の県内に引っ越すのだろう。いわばマイホーム第1ステップの街であり、永住傾向が弱いのかもしれない。

この傾向が続くと、川口市にはいつしか未婚者や子どものいない夫婦がたくさん残り、30~40年後には1人暮らしの高齢者ばかりになる危険性もあるのではないか。

所沢は「子育て世帯」に嫌われ、狹山に人口流出

次に、この5年で1538人の人口減少を見た所沢市はどうか。

転入超過人口は1037人だから、人口減少の要因は自然減、つまり高齢者の死亡によるものといえる。だが安心はできない。所沢市の場合、県内他市区町村からの転入が9740人、他市町村への転出が1万1708人。つまり、県内転入超過人口のマイナス、すなわち転出超過が1968人なのだ。しかも子育て世代、働き盛りの25~49歳の県内他市町村への転出超過人口が865人と多い。県内で人口を奪われているのである。

次ページ所沢市から、どこに人口流出しているのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。