ラグビーが好きでない、ラグビーの名監督

コーチングディレクター、中竹竜二氏の好き嫌い(上)

ラグビーはそれほど好きじゃない?

楠木:この対談のテーマである「好き・嫌い」に戻って、あらためてお伺いしますが、これまでの経歴から、当然、ラグビーはお好きなんですよね。

中竹:それがですね……。正直に言うと、あまり好きじゃないんです(笑)。

楠木:そうなんですか? もともとラグビーを始めたきっかけは何だったのですか?

中竹:実家の前にラグビーのグラウンドがあって、そこでラグビースクールをやっていたのです。好き嫌い関係なく、自然と始めたのです。

楠木:スポーツは好きですか?

中竹:スポーツというよりも、身体を動かすことが好きです。ただし、勝負事は嫌いです。子どもの頃、勝負事で勝ったことがなかったからでしょうね。

東筑高校時代の中竹さん

楠木:では、なぜラグビーにのめり込んでいったのですか?

中竹:ラグビーというスポーツが、自分を生かせる場だったからだと思います。私は身長176センチで体重は76キロくらいで、選手時代もほぼ同じ体格でした。体格と しては特筆すべきものはなく、足もどちらかというと遅いほうです。でも、ラグビーというのは、そうしたハードウエアの性能が低くても、ソフトウエアで勝負ができるスポーツなのです。

楠木:というのは?

中竹:特に私のポジションだったフランカーというのは、ゲームの展開を読んで、危険なゾーンを守ったり、逆に突いたりして、チームに貢献できます。また、運動量である程度カバーできます。もっとも、本当のトップレベルではフランカーにもある程度のハードウエアの性能が求められるのですが、大学生レベルでは、私でもなんとかごまかせるのです。

次ページ体育会系のノリが嫌い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT