会話でスベり知らずの人の「フォロー言葉」

ピンチを乗り切る3つのコツ

けれど、いまの私は「言わずに後悔するより、言って後悔する」をモットーとしています。「ここをつっこんで相手を怒らせたりしないかな」とか、「笑いを取りに行ってスベったらどうしよう」と思うことでも、言わないで後悔するくらいなら、言って失敗したほうがいいと思っているのです。

スベったらすかさず「フォロー言葉」

鈴木あきえさん

いまは以前ほど、失敗もスベることも怖くありません。というのも、私には「フォロー言葉」という強い味方があるからです。「フォロー言葉」とは文字どおり、言ってしまった言葉をフォローする言葉です。

たとえば、誰かを大げさに褒めたときに苦笑されたら、「あ、今、お世辞で言ってると思ってますね? 大丈夫です、お世辞は2割しか入れていませんよ」などとフォロー言葉を入れます。

もし自分が言った言葉を「○○さんのパクリ?」などと冷たくつっこまれたら「すみません、言葉のリサイクルをしがちでして」と言えば笑ってもらえます。

最初の言葉で空気がピリッとしても、こういったフォロー言葉を使えば、場は和やかになります。

また、プレゼンや会議、上司への提案など、緊張感のあるシーンや会食の場などで、場をあたためるちょっとしたジョークが求められるときって、ありませんか? 「何か気の利いたことを言わなくちゃ」と思っても、「スベったらどうしよう」という恐怖で言葉が出てこなくなるという人も多いのでは。

でも安心してください、スベっても大丈夫です。笑えなかった状況を逆手に取って、新しい笑いを生めばいいのです。落語家さんだって、噺(はなし)の途中で笑いが起きないときは「ここ、笑うところですよ」とか、「いま笑わないと、この先どこも笑うところないですよ」なんて言いますよね。

そう、むしろ、スベったあとがチャンスです!

以前、ロケ中に私のジョークがスベってしまったことがあるのですが、そのときすかさず、「ロケでこんな静寂、訪れますかね」「空調の音しか聞こえませんね」と言ってみたら、ドッと笑いが起きて場が和みました。

もしもそんなフォロー言葉すらスベッた場合には、ボソッと小さな声で「おスベり選手権の優勝候補ですね」と言ってみたり、隣にいる後輩に「これがスベるということなんだよ」と巻き込んでしまうことで、笑えるようにします。こんなふうにたとえスベったとしても2段階でフォローできると思えば、かなり心に余裕が生まれるでしょう。

次ページピンチに直面したときに冷静になるには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング