いよいよトランプ政権がヤバくなってきた

「オバマケア代替法案」採決延期で見えたもの

さて、最後はお馴染みの競馬コーナーだ。

今週末は今年2つ目のGⅠレース、高松宮記念(26日、中京競馬場11R)が待っている。ただしこの日は前夜にドバイワールドカップ(アウォーディー、アポロケンタッキー、ゴールドドリーム、ラニが出走)、ドバイシーマクラシック(サウンズオブアースが出走)、ドバイターフ(ヴィブロスが出走)が行われる。

これだけ有名どころが出払ってしまうと、国内の高松宮記念が盛り上がらなくなるのも無理はないだろう。近年はこのパターンが繰り返されており、いっそのことこのレース、他の季節に移した方がいいのかもしれない。

それはそれとして、中京競馬場における芝左回り1200mのレースは、2012年のコース改修以降は実績馬が比較的、順当に来ている。にもかかわらず予想が付けにくい、というのが面白いところで、今年も思い切り迷わせてくれる。

高松宮記念はレッツゴードンキを本命に

レッドファルクスが人気のようである。国内1200mで負けなし、中京3戦全勝、そして鞍上が日曜日に強いM・デムーロ騎手となれば、買われるのは無理もない。が、昨年末に行われた香港スプリントの負け方(12着)が嫌な感じである。ここは勢いがありそうなレッツゴードンキを本命、親子制覇の夢がかかるシュウジを対抗、妙味がありそうなワンスインナムーンを穴認定としたい。

とはいえこのレース、出走時間に筆者はニューヨークのホテルで爆睡している公算が大である。「帰ったらちゃんと競馬するぞ」、と固く誓うところであった。その場合、高松宮記念の翌週は、今年からGⅠに昇格する大阪杯(4月2日、阪神競馬場11R)が待っているのである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。