いよいよトランプ政権がヤバくなってきた

「オバマケア代替法案」採決延期で見えたもの

さて、最後はお馴染みの競馬コーナーだ。

今週末は今年2つ目のGⅠレース、高松宮記念(26日、中京競馬場11R)が待っている。ただしこの日は前夜にドバイワールドカップ(アウォーディー、アポロケンタッキー、ゴールドドリーム、ラニが出走)、ドバイシーマクラシック(サウンズオブアースが出走)、ドバイターフ(ヴィブロスが出走)が行われる。

これだけ有名どころが出払ってしまうと、国内の高松宮記念が盛り上がらなくなるのも無理はないだろう。近年はこのパターンが繰り返されており、いっそのことこのレース、他の季節に移した方がいいのかもしれない。

それはそれとして、中京競馬場における芝左回り1200mのレースは、2012年のコース改修以降は実績馬が比較的、順当に来ている。にもかかわらず予想が付けにくい、というのが面白いところで、今年も思い切り迷わせてくれる。

高松宮記念はレッツゴードンキを本命に

レッドファルクスが人気のようである。国内1200mで負けなし、中京3戦全勝、そして鞍上が日曜日に強いM・デムーロ騎手となれば、買われるのは無理もない。が、昨年末に行われた香港スプリントの負け方(12着)が嫌な感じである。ここは勢いがありそうなレッツゴードンキを本命、親子制覇の夢がかかるシュウジを対抗、妙味がありそうなワンスインナムーンを穴認定としたい。

とはいえこのレース、出走時間に筆者はニューヨークのホテルで爆睡している公算が大である。「帰ったらちゃんと競馬するぞ」、と固く誓うところであった。その場合、高松宮記念の翌週は、今年からGⅠに昇格する大阪杯(4月2日、阪神競馬場11R)が待っているのである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT