ファックス1枚で芸能界引退、どこが悪い?

あなたが知りたいことと先方の義務は別だ

説明責任? 甘ったれるなよ​(Illustrations:Koji Wakisaka)

成宮寛貴、江角マキコと続いた突然の芸能界引退。ファックス一枚でシャットダウンしたことにマスコミは異議を唱えたが、これを肯定する小田嶋隆は、背景にある「調査報道の堕落」を指摘した。

個人の決断を阻止する権利を持っているのか?

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

江角マキコの引退表明は、ファックス一枚の捨て台詞をもって完了した。ちょっと前に、突然芸能界引退を告知した成宮寛貴のケースも同様だ。彼もまた、関係各方面およびメディア各社に直筆のファックスを送信して、それっきりぷっつりと姿を消している。

「おい、これで終わりなのか?」

「こんなことで良いのか?」

と、ハシゴを外された感じを抱いている読者も少なくないはずだ。

が、これで良いのである。

というよりも、こうでなければいけない。

芸能人であり続けるためには、対世間的なプロトコルを共有せねばならないのだろうし、業界のしきたりにも従わなければならないのだろう。が、やめることになったら、そこから先は個人の自由だ。何かをやめることについての個人の決断を阻止する権利を持った人間は、本人以外には一人も存在しない。

説明責任? 甘ったれるなよ。

あんたが知りたいと思うことと、先方に説明義務があるのかどうかは別の話で、さようならを言う人間は、誰に対しても説明義務を持たない。バイバイより強い言葉はない。

引退を表明した元・芸能人の、この圧倒的な自由さは、芸能人という存在が、何らかの意味で自由を売り渡している人々であることを逆説的な形で証明している。

ファックスと言えば、いまから15年ほど前、当時連載を持っていた『読売ウィークリー』という雑誌のコラムの中で、「ファックスが芸能マスコミを殺す」という主旨の原稿を書いたことがある。以下、内容を紹介する。

次ページファックスが芸能マスコミを殺した?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT