株価がかなり「ヤバくなる」のはいつなのか

今は1929年の暴落時直前と同じくらい割高?

たとえば、安倍首相退陣の場合、次の首相候補として最有力なのは石破茂氏だろうが、石破氏は、官僚に評価されるタイプの「勉強家」であり、消費税率引き上げに積極的であるように見える。日銀総裁人事であっても、消費税率引き上げであっても、こと株価にあっては「総崩れ」となる可能性が否定できない。

もっとも、相場にあっては、いかなる場合にあっても、リスクは存在しているので、このリスクだけを特別視するべきではない。とはいえ、海外と比較して安定しているように見えたわが国の政治も、そう安心できる状況にはないことを頭に入れておきたい。

しかし、現状では、もろもろの政治的な不確実性はあっても、当面は米国経済が元気で、中国の経済も短期的には持ち直していることもあり、経済はそこそこに好調な状態にある。

今は、たぶん「小バブル」段階?

さて、この原稿を書いている最中に、FRB(米連邦準備制度理事会)が短期金利の代表的指標であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導レベルを0.25%引き上げる「利上げ」を発表した。予想された利上げであり、各種の株価や為替レートに大きな影響は出ていない。

一方、経済と資産価格の循環を考える場合、たとえば株価を見た場合に、現在の水準は「高めだ」といわざるをえないレベルに達している。

たとえば、米国の株価水準に関しては、ロバート・シラー氏の「CAPE」(物価修正済みの過去10年平均の利益から計算された「景気サイクル調整済み株価収益率」を見ると、現在の株価水準(CAPEで29倍台)は、ネットバブル時は別格としても、2008年のリーマンショック前よりもかなり高く、1929年の大暴落時の直前とほぼ並ぶレベルにある。

感覚的にはまだ「小バブル」くらいだと思うが、経験則的には、これからさらに株価が上がると、「今の株価水準は一見高そうに見えるが、それなりに合理的なのだ」と説明しようとする新理論(しばしば同時に「珍理論」。たとえば日本のバブル時に高株価を正当化しようとした「Qレシオ」のように)を述べる人がどこかから現れて、その後にクラッシュがやって来るというのがお定まりのパターンだ。

投資家は、「まだ」降りる必要はないと思うが、「まだは、もうなり」という相場格言もあることなので、警戒レベルを1段階上げながら運用に臨むべきだろう。

次ページここからは競馬。週末はサトノダイヤモンド出走!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT