貧しくても高等教育受けられる政策を促進へ

安倍首相が諮問会議で言及

 3月14日、安倍晋三首相は経済財政諮問会議で、第4次産業革命に向けた研究開発投資の促進や同一労働同一賃金などの安倍政権の取り組みを挙げ、「貧しくても高等教育を受けられるような政策を進めていかなければならない」との認識を示した。都内で5日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 安倍晋三首相は14日の経済財政諮問会議で、第4次産業革命に向けた研究開発投資の促進や同一労働同一賃金などの安倍政権の取り組みを挙げ、「貧しくても高等教育を受けられるような政策を進めていかなければならない」との認識を示した。

会議にはノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ氏(米コロンビア大教授)を招待。同氏は講演の中で「成長の果実を人々が共有することが大切」と訴え、安倍首相は「教授のご意見はアベノミクス第2ステージで進めている考え方と相通じる」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。