貧しくても高等教育受けられる政策を促進へ

安倍首相が諮問会議で言及

 3月14日、安倍晋三首相は経済財政諮問会議で、第4次産業革命に向けた研究開発投資の促進や同一労働同一賃金などの安倍政権の取り組みを挙げ、「貧しくても高等教育を受けられるような政策を進めていかなければならない」との認識を示した。都内で5日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 安倍晋三首相は14日の経済財政諮問会議で、第4次産業革命に向けた研究開発投資の促進や同一労働同一賃金などの安倍政権の取り組みを挙げ、「貧しくても高等教育を受けられるような政策を進めていかなければならない」との認識を示した。

会議にはノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ氏(米コロンビア大教授)を招待。同氏は講演の中で「成長の果実を人々が共有することが大切」と訴え、安倍首相は「教授のご意見はアベノミクス第2ステージで進めている考え方と相通じる」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。