家庭内の会話で、国語力を上げる2つの方法

国語ができない子に試してほしい

実は、これらは国語の試験で出題される2大パターンですね。「国語ができるから、このような話し方をする」を逆転の発想をし、「話し方を変えることで国語をできるようにする」という方法をとってしまいましょう。つまり、日常会話で、前述の2つの話し方ができるようにして、ついでに小説の問題や論説文・説明文の問題も構成を見破ることができるようにしてしまうということです。

日常がただの脈絡のないおしゃべりだけであると、国語への応用はそれほど利かないでしょう。それよりも、日常会話で、自然と、この2つの話し方を習慣化してしまい、国語の問題に対しても抵抗なく読めるようにするというステップをとっていきます。

1.ストーリー展開型の話し方

ストーリー展開とは、ちょうど昔話のような感じで展開するものです。基本的に物語や小説は次のような流れの繰り返しになっています。

「状況 → 出来事 → 心情の変化」の繰り返し

たとえば、桃太郎の最初の場面であれば、次のようになります。

「状況」→ 昔々、おじいさんとおばあさんがいて、おじいさんは山にしば刈りに、おばあさんは川に洗濯にいきました

「出来事」→ 川上から桃が流れてきました

「心情」→ 不思議に思って、拾い上げて家に持ち帰りたいと思いました

この3つの流れが時系列に沿って何度も繰り返されていくのです(ちなみに国語の問題では、心情の部分とそのきっかけが問われることが多い)。

さて、これを子どもとの会話で進めていくには、次のようにしていきます。するとストーリー展開のある話ができるようになります。

■状況:「始めはどういう状況なのか(4W)」
※4W=いつ(when)、どこで(where)、誰が(who)、何を(what)
■出来事:「どういう出来事があったのか(1W)」
※1W=時間(when)の流れに沿って
■心情:「なぜなのか?(1w)、どのように思ったのか?(1H)」
※1w=why、1H=how

ここでは、俗にいう5W1Hが含まれています。この5W1Hが、「状況(どんな状況か?)→ 出来事(何が起こった?)→ 心情(そのときどう思った?)」に配分されています。すると、非常にわかりやすいものになるのです。話が上手な人は、おおかたこのような感じで話を展開しています。

次ページ言いたいことをわかりやすく伝える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT