ベンツ「Eクラス」最上級車はSクラス並みだ

権威主義者も悩ませる超フワフワの乗り心地

3.5リッターV6ツインターボ・エンジンは9段オートマチックとの組み合わせにより、ふだんは100km/h巡航1500rpmという低回転で粛々と回り、快適極まるドライビング空間をつくりあげている。

メルセデスでは「ダイナミックセレクトスイッチ」と呼ばれるドライブ・モードがあり、前述した切り替えスイッチをコンフォートからスポーツ、さらにその上のスポーツ+に切り替えると、乗り心地が硬くなるだけでなく、V6ツインターボがAMGモデルのように野獣のごとく吼え始める。

バフォンッ! という爆裂音とともに目覚め、アクセルオフでバラバラバラッというアフターファイアみたいなサウンドをリアから発しさえもする。ステアリングは重くなり、俄然スポーツカーライクな味付けに変貌する。もし、あなたがヤング・アト・ハートな熱い「走り屋」だったら、硬いマシュマロにも意味がある。

4MATICのトルク配分は前31、後ろ69という後輪駆動寄りで、ドライ路面でなら4WDであることを意識させない。ステアリング・フィールは後輪駆動同様で、ドライブトレイン全体もきわめて洗練されている。

テスト車の車重は4WDということもあって1920kgもある。新型Eクラスはボンネットやフェンダー等にアルミが用いられて軽量化が図られている。それなのに2トン近い。いかにも重い。メルセデスの哲学に従い重量配分は55対45とややフロント・ヘビーなのはいいとして、しかし実際に走ってみると重さを微塵も感じさせない。軽やかに、フワリと疾走して見せる。

大観山に到着して、凛とした寒気のなか、白い雪をかぶった富士山を彼方に望む。気分爽快! 贅沢なソファーのごとき肉厚のクルマかと思えばさにあらず。1台でスポーツカー的な走りまで披露する。その万能ぶりこそE400の真骨頂である。480Nmもの大トルクを1200rpmから4000rpmまでの広範囲で生み出す3.5リッターV6ツインターボと、9段オートマチックのコンビがいい仕事をしている。

ヤザワもビックリ! メルセデスの自動運転

さて、大テーマの自動運転である。帰りの小田原厚木道路で、筆者はE400 4MATICに与えられた自動運転システムを試してみた。前走車と適度な距離をとってロックオンし、ディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロットなるデバイスをオンにする。

そのスイッチはステアリングの左のウィンカーの下の短めのレバーで、オーナーにならないとウィンカーと間違えたりするけれど、それはさておき、前走車との車間距離を維持しながら走るということはすでに先代Sクラスあたりで実現していた。

次ページどのクラスを選ぶべきか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT