ベンツ「Eクラス」最上級車はSクラス並みだ

権威主義者も悩ませる超フワフワの乗り心地

メルセデス・ベンツ Eクラスの上級グレード、E400 4 MATICに試乗した。乗り心地はまるでSクラス!? 新型には権威主義者も悩ます魅力があった。

 “マシュマロ”のような乗り心地

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ああ、これはもうSクラスだな、と冬の日曜日の朝、E400 4MATIC エクスクルーシブを走らせながら思った。

自動車はいま、猛烈な進化の途上にある。

メルセデス・ベンツが昨年7月に日本国内で発売した新型Eクラスはそのよき具体例である。一見保守的な、Cクラスと相似形のロング・ノーズ、ショート・デッキのスタイルの中に、最新の自動運転システムを隠し持っている。このシステムについては後述するとして、まずはE400 4MATICエクスクルーシブについて説明しなければならない。

4気筒モデルよりもやや遅れて10月に販売が開始されたE400 4MATICは、333ps、480Nmという高い出力と大トルクを生み出す3.5リッターV6ツインターボ・エンジンと、フルタイム4WDシステムを併せ持つ、全天候型ラグジュアリー・セダンである。AMGのような特別なモデルを別にすれば、あらゆる状況下でもっとも速く快適に移動できる贅沢なEクラスであり、価格も当然、最廉価版のE200アヴァンギャルド、675万円に対して988万円と300万円以上も高い。

エクスクルーシブというグレード名は、伝統的なしつらえを表す。たとえば、伝統的なメルセデス・ベンツのグリルをまとい、スリー・ポインテッド・スターがグリルの中央にドンと来るアヴァンギャルド系Eクラスとは一線を画す。前衛ではなく、保守層向き、と表現しては単純に過ぎるかもしれないけれど、二者択一となれば後者となる。

次ページE400の乗り心地は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT