ベンツ「Eクラス」最上級車はSクラス並みだ

権威主義者も悩ませる超フワフワの乗り心地

しかしながら、保守もそう悪いものではないのは、たとえば乗り心地だ。最近のメルセデスはスポーティヴネスとか若々しさとかを訴えるべく、全般に硬めに仕立てられている。若向きのAクラスはそうだったし、Cクラスもそうだった。新型Eもそう。けれど、E400のみは異なり、フワフワである。という噂は、筆者も耳にしていた。じつはE200など4気筒系Eクラスについて筆者は未体験なのだけれど、これだけはいえる。土曜日、世田谷の環七沿いのファミレスで受け取ったE400は走り出すなり超フワフワで、スプリングがマシュマロ製であるかのように思えた。

メルセデス初の新エアサスを採用

E400は、AMGを除く Eクラスでゆいいつエア・サスペンションが奢られている。それも「AIR BODY CONTROL」と呼ばれるメルセデス初の新方式で、フロントに2つ、リアに3つ、サイズの異なるチャンバーを備えていて、これによりサスペンションの硬さを3段階に調整することができるという。

素晴らしいことに、このフワフワ感はあらゆる速度域で維持される。コーナリング中も突っ張った感がない。いかにも煽りそうなのだけれど、煽らない。大仰な揺れを人工的におさえつけているわけだけれど、じつに自然なふるまいに終始する。慣性の法則から解放されたようにフワフワのまま、それでいてスッとした姿勢を維持して、山道さえも走り続けられる。

ダンピングのモードは、例によって「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」と3段階、センターコンソールのスイッチで切り替えできるけれど、スポーツを選ぶ理由が「試乗時の実験のため」以外には見つからない。せっかくのマシュマロを硬くしてどうするんだ。細かいサイプが刻まれたスノー・タイヤ、ヨコハマのアイスガードをテスト車が履いていたことも、乗り心地のまろやかさに輪をかけていることは間違いない。

メルセデス・ベンツの最上級モデルのSクラスには、AIRマチックサスペンションという名のエア・サスがついているけれど、乗り心地はあれによく似ている。ご承知のように、Sクラスは世界に冠たるメルセデスの旗艦である。世界で一番上等な高級4ドア・サルーンであって、これより上はあったとしてもないも同然。したがって、E400がSクラスのようだった、という筆者の凡庸な感想は、自分で書いていて気づいてなかったけれど、最上級の褒め言葉なのだ。

次ページE400の真骨頂
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT