BMW「新型5シリーズ」が示す歴史的転換点

「物理的な原理しか信じなかった」車の変質

エンジンは、ガソリンとディーゼルに2リッター直列4気筒と3リッター直列6気筒をそれぞれ設定。日本では、ガソリンは2リッター直列4気筒ターボの「523i」「530i」、そこに電気モーターが組み合わされる「530e」、3リッター直列6気筒ターボの「540i」などをラインナップ。ディーゼルは、2リッター直列4気筒ターボの「523d」となる。価格は「523i」の599万円から

新型BMW5シリーズをいちはやくテストした小川フミオは、それが「従来のクルマづくりの頂点にして終着点である」という。

「駆けぬける歓び」をスローガンとするBMW

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

イット・カーがあるとしたら、僕にとってそれはBMW5シリーズだ。イット・カーは、イット・ガールやイット・バッグというのとおなじで、“これしかない”という旬なクルマのことである。僕は1972年に初代が出て以来、今日にいたるまで6つの世代の5シリーズをほぼ好いてきた。唯一の例外が2003年にデビューした5代目。米国人のデザイン・ディレクター、クリス・バングル指揮によるスタイリングは、BMWのセダンが本来持つスポーティ・エレガンスを欠いていた、と思うからだ。

さて、2016年12月にポルトガルはリスボンで対面した7世代目の新型5シリーズは、エレガンスとパワーをともに感じさせる内容で、僕にとってうれしい“再会”といえた。

試乗は欧州でもっとも長いといわれる全長17.2kmに及ぶ吊り橋、ヴァスコ・ダ・ガマ橋をわたるところからスタートした。今回は3リッター直列6気筒エンジンの「540i」と、同等の排気量を持つ3リッター直列6気筒(とはいえ、まったく違うエンジン)のディーゼルの「530d」をテストした。

次ページ乗り込むやいなや
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。