BMW「新型5シリーズ」が示す歴史的転換点

「物理的な原理しか信じなかった」車の変質

エンジンは、ガソリンとディーゼルに2リッター直列4気筒と3リッター直列6気筒をそれぞれ設定。日本では、ガソリンは2リッター直列4気筒ターボの「523i」「530i」、そこに電気モーターが組み合わされる「530e」、3リッター直列6気筒ターボの「540i」などをラインナップ。ディーゼルは、2リッター直列4気筒ターボの「523d」となる。価格は「523i」の599万円から

新型BMW5シリーズをいちはやくテストした小川フミオは、それが「従来のクルマづくりの頂点にして終着点である」という。

「駆けぬける歓び」をスローガンとするBMW

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

イット・カーがあるとしたら、僕にとってそれはBMW5シリーズだ。イット・カーは、イット・ガールやイット・バッグというのとおなじで、“これしかない”という旬なクルマのことである。僕は1972年に初代が出て以来、今日にいたるまで6つの世代の5シリーズをほぼ好いてきた。唯一の例外が2003年にデビューした5代目。米国人のデザイン・ディレクター、クリス・バングル指揮によるスタイリングは、BMWのセダンが本来持つスポーティ・エレガンスを欠いていた、と思うからだ。

さて、2016年12月にポルトガルはリスボンで対面した7世代目の新型5シリーズは、エレガンスとパワーをともに感じさせる内容で、僕にとってうれしい“再会”といえた。

試乗は欧州でもっとも長いといわれる全長17.2kmに及ぶ吊り橋、ヴァスコ・ダ・ガマ橋をわたるところからスタートした。今回は3リッター直列6気筒エンジンの「540i」と、同等の排気量を持つ3リッター直列6気筒(とはいえ、まったく違うエンジン)のディーゼルの「530d」をテストした。

次ページ乗り込むやいなや
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT