BMW「新型5シリーズ」は何がどう進化したか

先進的な安全・情報装備も一層充実した

BMW 5シリーズがフルモデルチェンジ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

世界で最も売れているセダンを標榜するBMW 5シリーズがフルモデルチェンジ。コネクティビティと安全装備で完全武装した新型にポルトガルで試乗した感想は……。

「BMW 5 シリーズは世界で最も成功したビジネス・セダンです」。そう語るのはBMW本社で開発担当役員を務めるクラウス・フレーリヒ氏だ。

日本ではともすれば“大きな3シリーズでしょ”と言われかねない5シリーズ。しかし72年に初代が登場して以来、今回の7世代目にいたるまで独自の市場を形成してきた。とりわけドイツや英国などでは企業の部長クラスなど“5シリーズでなくちゃ”という層がおおく存在する。

「運動性能と快適性を最善の形で融合させ、ドライバー・アシスタントとネットワーク化を究極まで推し進めたところに、5シリーズの評価されるポイントがある」と、さきのフリーレヒ氏は解説する。「したがって、ニューBMW 5 シリーズも、最も成功したビジネス・セダンの地位を確保することでしょう」とも。

新型5シリーズのジャーナリスト向け試乗会が開催されたのは、ポルトガルのリスボン郊外。真冬でもシャツ1枚でいられるぐらい温暖な気候のためリゾートも多く、ドイツ人が好む土地でもある。

新型5シリーズのラインナップは多岐に渡る。ガソリンモデルは2リッター4気筒「530i」、3リッター6気筒「540i」、4.4リッターV8気筒「M550i」。それぞれ後輪駆動とフルタイム4輪駆動の「xDrive」が用意される(M550iはxDriveのみ)。

日本でも人気のディーゼルモデルは2リッター4気筒「520d」、3リッター6気筒「530d」。どちらも後輪駆動とフルタイム4輪駆動の「xDrive」が選択可能だ。そして2リッター4気筒にプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「530e iPerformance」(後輪駆動のみ)も導入される。

次ページ試乗した感想は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT