BMW「新型5シリーズ」が示す歴史的転換点

「物理的な原理しか信じなかった」車の変質

「安全に運転しながら時間内に目的地に到着することと、運転中の時間を効率よく使えることこそビジネス・セダンに求められているものと考え、新型5シリーズでは新技術を積極的に採用しています」と、ドライバー・アシスタンス・システムを担当したプロダクト・マネージャーのオリファー・ポグントケは、まさに“積極的”に微に入り細をうがつように説明してくれた。

スマホさながらに個々のプロバイダーとの契約を要するアプリも少なからずリストアップされていた。新型5シリーズはコンピューターのプラットフォーム(ソフトウェアが動作するための基盤)でもあるのだ。

従来のクルマづくりはここが頂点になるかも…

昨今のニュースを見ると、自動車メーカーとソフトウェアメーカーとの提携の話題が多い。BMWも例外でないということだ。7世代目の5シリーズは、運転する楽しみという原初的な価値と、最新の自動運転技術を併存させた、歴史的なターニングポイントに立つ記念碑的存在となった。メーカー内ではパワートレインの電気化も進んでいるだけに、ひょっとしたら従来のクルマづくりはここが頂点で、そして終着点になるかもしれない。7世代目の5シリーズに触れた僕の感想である。

かつてトヨタ自動車がプリウスを発売した頃は、“(電気や電子なんかより)テコや歯車など物理的な原理しか信じない”と言っていたのがドイツのクルマ・メーカーだったが、いよいよ変質した観がある。なにか劇的に変わりそうだ。

ユーロ安を仕掛け、輸出で儲けているドイツとしては、旧来からの硬質なモノづくりにかける信念も大事だが、グローバル市場の趨勢に棹差す商品も必要だ。新型5シリーズにおけるプリミティブ・ドライブ・フィールとディジタル・テクノロジーの総合は、そうした要請にたいする回答である。まさに“今”が詰まったイット・カーなのである。2017年1月12日に日本発売された。

(Words: Fumio Ogawa / Photo: BMW)

小川フミオ
1959年生まれ。ライフスタイルジャーナリスト。慶應義塾大学文学部卒業。自動車とカルチャーを融合させた雑誌『NAVI』に携わる。2002年にはグルメ誌『アリガット』を創刊。2004年よりフリーランスとして活動している。『GQ JAPAN』本誌やウェブをはじめ、新聞社のサイトなどに寄稿中。クルマからグルメまで評論する。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT