日本はマーケティングでも後れをとっている

発想力の大胆な更新が不可欠

──ホワイトスペース戦略という考え方もオリジナル?

『ホワイトスペース戦略』と題された本そのものがある。ただ、不完全な部分があり、アナザースペースを加えた成長マトリックスに加筆修正した。事例をはめ込んでいくとストーリーになっていく。ビジネスモデルを踏まえて、企業の成長の方向性つまりベクトルをマーケティングの視点で見直す。こうすると、たとえばアップルの成功の理由がよりわかりやすいし、なるほど感がある。

メインストリームではなくても面白い

──趣味的な研究もされているようですね。

『マーケティングに強くなる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

たとえばパッケージ。パッケージはマーケティングの中の市場志向や製品開発といったメインストリームではなく、ちょっと迫力がないが、でも面白い。このほか五感も関心事だ。特に香りの研究。香りは人の記憶と直結する。フレグランスマーケティングという用語さえある。

──ブランド戦略もよくいわれます。

私にとっては2000年前後に解決済みのテーマになった。

──行動経済学との関係は。

マーケティングはどちらかといえば戦略系。もう一つの視点に消費者行動理論がある。まったく違う柱で構成され、消費者行動理論は行動経済学に近く、その理論を援用して実験したり分析したりする。そちらはまた別の意味で面白い。このほか、時間的な距離、物理的な距離、あるいは社会的な距離によって消費者の評価がどう変わるかという解釈レベル理論の研究もこの5年ぐらい手掛けていて、いずれも面白い。

──大学の理事を兼任されています。

入学試験と広報の両方を担当している。入試は大学の今後の明暗を分ける。「素材」がよくないと育てられない。ポテンシャルの高い人たちに入ってほしい。そのために、まさにマーケティング戦略が必要だ。そのときにどの地域から来てもらうか。早稲田は来年から地方創生型入試を始める。それぞれの学生が出身の地域や郷土に将来どういう形で貢献したいと思っているか。思いの強い人に入学してほしいと考えている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。