9歳の甥から6800万円を奪った叔父の悪行

東日本大震災で両親を失った子に…

少年のためのおカネが身内によって使い込まれていました(*イメージ写真です)

2011年3月11日、東日本大震災で両親を失った少年(当時9)は、癒えようのない傷を心に負ったが、大人になるまでしっかり勉強に打ち込めるだけの経済的余裕は残されていたはずだった。

叔父が約6800万円ものおカネを使い込む

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

亡くなった両親の遺産や死亡共済金、震災義援金などが少年には残されていた。ところが、そのお金がたった3年間で底をついてしまった。少年を食いものにして約6800万円ものお金を使い込んだのは、少年の母の弟、つまり少年の叔父にあたる島吉宏被告(41)だった。

身内の裏切りにあった少年は自ら児童相談所に保護を願い出て、いま15歳になる。島被告は、金を使うだけでなく、少年に殴る蹴るの暴力までふるっていたという。悪質極まりない。

犯行が明るみに出るまで、震災で両親を亡くした甥を引き取り育てる叔父として、メディアに何度も取り上げられていた。

そのたびに、全国から寄付金や物資が寄せられたが、少年の手に渡ることはなかった。すべて島被告が、懐に入れていた。

次ページ島被告が悪事に手を染め始めたのは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT