「虫歯の放置」が引き起こす意外な重病の恐怖

顎骨炎は重症化すると最悪は命にかかわる

顎骨炎(骨髄炎)の症状としては次のようなものが挙げられます。

顎骨炎(骨髄炎)の症状とは

1.強い痛み・腫れ

歯が原因で起こっている場合、原因歯の痛みやかんだ時の痛みに加えて、周囲の歯にも痛みが出てきます。また、歯茎の粘膜や周囲の皮膚が熱を持ち、赤くなって腫れ上がることでさらに痛みが強くなります。ただし、骨髄炎のように内部に炎症の中心がある場合には、赤みや腫れがはっきりと出ないこともあります。

2.顎下リンパ節の腫れ

あごの下のリンパ節が腫れてきます。

3.歯の動揺

原因となる歯はもちろんのこと、その周囲の歯にも動揺が起こってくることがあります。

4.つばを飲み込むと痛い

奥歯が炎症の原因となっている場合、つばを飲み込むだけで痛みを感じることがあります。

5.口があまり開かなくなる

奥歯が原因の場合、口があまり開かなくなってくることがあります。

6.熱・倦怠感・食欲不振

全身的にも症状が現れ、高熱や倦怠感、食欲不振が現れてきます。

7.下唇の感覚のマヒ

あごの骨の内部に炎症がある骨髄炎では、下唇の感覚がマヒすることもあります。

顎骨炎は悪化すると重症化し、上あごの場合は目や脳へ、下あごの場合は舌下や扁桃、首、前胸部にまで炎症が波及することがあります。また、この状態に気づかず放置していると、炎症を起こしている細菌が血液中に入り込んで増殖し、全身に感染が広がってしまう「敗血症(はいけつしょう)」を起こして、命にかかわる状態になることもあります。特に糖尿病などで免疫力が低下している人においては、このような状況が起こりやすくなるため、注意が必要です。

次ページ診断方法は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。