「あごの異変」を放置している人に訪れる不調

10~30代に多い顎関節症を軽く見るな

「何だか調子が悪い」を放置するのは得策ではありません(写真:Eddows / PIXTA)

「口を動かすとカクカク音がする」「あごが痛い」「口を大きく開けられなくなった」

読者の皆さんの中にもこういった経験のある人は少なくないのではないでしょうか。このようなあごの症状が出ている状態を「顎(がく)関節症」といいます。筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることの1つが、顎関節症のメカニズムや治療方法などについてです。

若い女性に多い顎関節症

顎関節症は、あごの関節やその周りの筋肉などに「痛みが出る」「音が鳴る」「口が開きにくくなる」といった症状を指します。日本人、特に若い女性に多い症状だといわれています。10代から発症する人が出始め、20~30代で医療機関への来院数が最も増えていき、その後は減少していきますが、あらゆる年代において起こりうるものです。

あごの関節は、耳の穴の前方1センチくらいのところにあり、頭の骨に左右の関節が筋肉や靭帯(じんたい)によってぶら下がっている状態です。この顎関節に負担がかかったり、形が歪んだりしてくると、顎関節症の症状が出てきます。重症になると手術が必要となったり、症状もめまいや痛みなど全身に及び、開口障害により食事の摂取が困難になったり精神的にも影響を受けたりするなど、日常生活に支障をきたすほどの症状に苦しむ患者さんもいます。

顎関節症の症状として代表的なものには次のようなものがあります。

次ページカクッというような音がしたら注意
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT