歯を失ったあの人がすがる「移植」という選択

条件がそろえば最も自然な治療になる

失った歯の機能を最も自然に復活させられるかもしれません(写真:bee / PIXTA)

虫歯や歯周病、あるいは不慮の事故などによって歯を失ってしまった――。そのようなケースに遭遇したとき、どのような治療があるかご存じですか?

筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることの1つが、失った歯を復活させる治療法。一般的な処置としては、隣り合う歯とつなげるブリッジ治療、人工歯根を入れるインプラント治療が一般的ですが、実は条件が合えば歯は移植できます。

以前と同じ噛み心地を取り戻せる

歯の移植は古代エジプトでも行われていたという記述があるくらい以前から行われていた治療方法で「歯牙移植」といいます。人工物ではなく自分の体の一部を移植するため、以前と同じ噛み心地を取り戻せます。歯を削る必要がないのも大きなメリットです。今回は、歯牙移植ができる条件や、メリットなどについてお伝えしていきます。

歯牙移植とは、歯を抜かなければいけなくなった部位や歯を抜いてそのままにしている部位に、自分の親知らずや機能していない歯(かみ合っていなかったり、埋まっていたりする歯)を抜いて移植する方法です。悪い歯を抜いた穴に、親知らずなどを抜いて入れます。移植した位置に定着するように固定し、歯の根の治療をしたり、詰め物やかぶせ物の治療をしたりします。

歯の移植は聞いたことのない人も多いと思いますが、移植する歯の根には「歯根膜」と呼ばれる歯の周囲にある組織も一緒に移植します。この歯根膜が移植した部位でしっかりと再生すれば以前と同じ噛み心地が得られ、インプラントや義歯と異なり、身体に対して優しい治療方法です。条件が合えば非常に有効な方法と言われています。

画期的に思える歯牙移植ですが、どんな状態でもできるわけではありません。ある程度の条件をクリアしないとできません。では、どんな条件があるのでしょうか?

次ページ「歯牙移植」ができる条件は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT