「グローバル化が失業をもたらした」は大嘘だ

ポピュリストの主張には耳を貸すべからず

世界中の人々の大半にとって、グローバル化以前の人生は貧しく過酷で、短かった。それなのに、現在の反グローバル主義者は古い時代を懐かしみ、米国やロシアやイスラム社会を「再び偉大」にしたいと考えている。

2008年の金融危機で世界経済は好ましくない状態に陥りはしたが、雇用と経済環境は現在、ほぼ全面的に回復している。インフレ調整後の実質GDP(国内総生産)はユーロ圏で15四半期連続の増加を示し、すべてのEU(欧州連合)加盟国は今後数年間、経済成長すると予想されている。

一方、米国経済はすでに好調に推移している。失業率は5%を下回り、実質所得は増加しているのだ。

もちろん、移民などが伝統的な平和と安定をむしばんでいると感じる人々が増え、不安感が高まっていることは事実だ。こうした考えは世界で最も弱い立場にある人々にとって深刻な脅威となっている。2030年までにあらゆる形態の貧困に終止符を打つことを目標とする国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現は、貿易、技術革新、国際協力を通じた経済成長が続くかどうかにかかっている。

保護主義の犠牲になるのは弱者だ

貿易障壁の構築などによって自由貿易世界の秩序が損われれば、アフリカなどの開発途上地域の極貧層に深刻な被害が及ぶ。かと言って、米ウェストバージニアの炭鉱夫が救われることはあり得ない。グローバル化に反発するノスタルジックな保護主義の負の影響は、弱者こそが被ることになるだろう。

今年ダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会では、中国の習近平国家主席がグローバル化の恩恵を賞賛したにも関わらず、西側のビジネスリーダーの多くが、これに対し疑念を示した。共産主義者がグローバル化への信仰を保つ一方で、資本家がそれを見失っているのは、過去の経緯からすれば非常に奇妙なことだ。

われわれは、わずか数十年前には夢にすぎなかった繁栄を多くの人にもたらしたプロセスに、全面的な自信を持たなければならない。

週刊東洋経済3月4日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT