世界の破滅を防ぐためにやるべき5つのこと

米英独ロの元高官・議員が「これならできる」

1月28日、トランプ米大統領(写真)とロシアのプーチン大統領は、トランプ大統領の就任後初めてとなる電話会談を行った。ロシア政府は声明で、両国関係の再構築やシリア情勢を巡り連携を重ねていくことで合意したと発表した。ホワイトハウスで撮影(ロイター/Jonathan Ernst)

ロシアと欧米諸国との距離は今、冷戦時代以降で最も広がっている。もちろん両者の利害が一致している点もある。冷戦時代の最悪期でも両者は部分的に協力していた。テロリストの攻撃を防ぐとともに、核戦争などの惨事を回避するために連携しなければならない状況は、現在も変わらない。

冷戦終結後、国際社会は「ユーロアトランティック」(欧州・大西洋地域)の安全保障に尽力してきた。しかし、その努力は緊急性と創造性を欠いていた。すべての当事者が新たなイニシアティブを発揮しないかぎり、事態は悪化するはずだ。実際にテロリストはモスクワ、イスタンブール、パリ、ブリュッセル、ニューヨークといった都市を攻撃した。

2013年以降、ウクライナで殺害された人々は数千人に上るとされる。今日もどこかで新たな戦闘による死者が出ているかもしれない。また罪なき難民が、中東や北アフリカの壊滅的な戦争から逃れようとしている。

痛恨のアクシデントを防ぐために

そうした中、欧米諸国とロシアの関係は急速に緊迫化しており、事故や過失、誤算が新たな戦争を引き起こすリスクが高まっている。

両者の共通の利益を高めるための第一歩は、ユーロアトランティックの安全保障を改善するための、具体策を施すことだ。考えうる具体策は以下の5つである。

1つ目は、核兵器が使用される危険性を除去すること。今、何らかの偶発的な出来事か誰かの過失によって、核弾道ミサイルが発射される危険性が高まっている。脅威を最小限に抑えるためには、まず米ロの大統領が「核戦争には勝者がおらず、決して起こしてはならない」と改めて宣言することだ。

かつてレーガン元米大統領と旧ソ連元指導者のゴルバチョフ氏は、両国の関係改善のために共同声明を行った。同声明の内容は今でも参考になる。

次ページ「暴発リスク」を減らすには
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。