プーチンを抑え込むヒントはロシア史にある

西側の足並みが乱れた時に、彼らは出てきた

2016年11月、モンテネグロに掲げられたトランプ氏とロシアのプーチン大統領の看板。本当に折り合えるのか? (ロイター/Stevo Vasiljevic)

ロシアが今、多くの西側の国々の首都で政策論議の中心に据えられている。また米国のトランプ大統領はロシアとの2国間関係を改善するとの野心を持って政権の座に就いた。この目標の難しさを理解するには、ロシアの歴史への理解が必要だ。

ソ連崩壊からすでに四半世紀が過ぎている。2017年は何百年も続いた帝政を打倒したロシア革命の100周年に当たる。

ロシアは帝国主義時代、ユーラシア大陸で領土を広げてきた。ロシア帝国がシベリア東方や中央アジアへの版図を広げていた19世紀に、米国は西部へと拡大し、欧州列強はアフリカを植民地化した。

領土拡張は二転三転

1917年のロシア革命後、中央アジア諸国やウクライナ、フィンランドがソ連からの独立を図った。レーニンは当初、こうした要求を認めるかに見えたが、すぐに旧ロシア帝国領をソ連に組み入れるべく赤軍を展開。ウクライナや南コーカサス、中央アジアでは目的を達した。

しかし、フィンランドとバルト三国で失敗したほか、1920年にワルシャワ郊外での戦いで大敗したため、ポーランドなどの諸国が独立した。

続くスターリンは、テロと強制的な工業化を通じ再興を図った。その後、ヒトラーとの秘密交渉などを通じて、バルト三国のほか、フィンランドやポーランドの一部を奪回。多大なる犠牲を出してナチス・ドイツに勝利した後は、ソ連の勢力圏を欧州の中心部まで広げた。

フィンランドだけは奇跡的に中立を保ったが、バルト三国はソ連に編入され、ポーランドなどは衛星国となった。

次ページ「歴史の方程式」を破るには?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。