パナソニックのトイレが急成長を遂げたワケ

有機ガラス製「アラウーノ」のハイテク構造

パナソニック 全自動おそうじトイレ 新型アラウーノ。標準タイプ(本体)32万4000円+カラー指定1万800円

2006年、トイレといえば陶器というイメージが強かった日本において、パナソニックが販売した有機ガラス製の「アラウーノ」は「全自動おそうじ機能」と併せて、大きな驚きをもって受け入れられました。今回は、開発者のインタビューを交え、パナソニックの「アラウーノ」への取り組みと、アラウーノ10周年を記念して販売された新型アラウーノのカラバリ展開を取り上げます。

全自動おそうじ機能を搭載したトイレが10色展開!

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

全自動おそうじ機能を搭載するトイレ。発売10周年を記念して新型アラウーノのカラバリ展開を開始しました。Japaneseテイストの3色、Stylishテイストの4色、Casualテイストの3色と、テーマ性のあるカラバリを用意し、自分好みにトイレ空間をコーディネートできます。

国内トイレ市場は、TOTOとLIXILがシェア1、2位を占めています。両社に共通するのは元々陶器メーカーである点で(LIXILの前身はINAX)、それゆえ日本人には「便器=陶器」というイメージが浸透しています。

いま、この2社を猛追しているのがパナソニックです。2006年に発売した「アラウーノ」が人気を博し、タンクレストイレ市場ではシェア約40%まで成長。トイレ全体のシェアでも“二強”の牙城を脅かす存在となりました。アラウーノの特徴は、何と言っても「素材が陶器ではない」という点です。

「元々は、パナソニックでも陶器のトイレを製造していました。しかし、2社との技術差は大きく、どうしても製品クオリティで超えられませんでした。何か新しい製品で打破しなければならないということで、新素材を用いたアラウーノの開発に踏み切ったのです」(パナソニック エコソリューションズ社・坂本 剛さん)

次ページ陶器のトイレにはデメリットがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT