パナソニックのトイレが急成長を遂げたワケ

有機ガラス製「アラウーノ」のハイテク構造

パナソニック 全自動おそうじトイレ 新型アラウーノ。標準タイプ(本体)32万4000円+カラー指定1万800円

2006年、トイレといえば陶器というイメージが強かった日本において、パナソニックが販売した有機ガラス製の「アラウーノ」は「全自動おそうじ機能」と併せて、大きな驚きをもって受け入れられました。今回は、開発者のインタビューを交え、パナソニックの「アラウーノ」への取り組みと、アラウーノ10周年を記念して販売された新型アラウーノのカラバリ展開を取り上げます。

全自動おそうじ機能を搭載したトイレが10色展開!

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

全自動おそうじ機能を搭載するトイレ。発売10周年を記念して新型アラウーノのカラバリ展開を開始しました。Japaneseテイストの3色、Stylishテイストの4色、Casualテイストの3色と、テーマ性のあるカラバリを用意し、自分好みにトイレ空間をコーディネートできます。

国内トイレ市場は、TOTOとLIXILがシェア1、2位を占めています。両社に共通するのは元々陶器メーカーである点で(LIXILの前身はINAX)、それゆえ日本人には「便器=陶器」というイメージが浸透しています。

いま、この2社を猛追しているのがパナソニックです。2006年に発売した「アラウーノ」が人気を博し、タンクレストイレ市場ではシェア約40%まで成長。トイレ全体のシェアでも“二強”の牙城を脅かす存在となりました。アラウーノの特徴は、何と言っても「素材が陶器ではない」という点です。

「元々は、パナソニックでも陶器のトイレを製造していました。しかし、2社との技術差は大きく、どうしても製品クオリティで超えられませんでした。何か新しい製品で打破しなければならないということで、新素材を用いたアラウーノの開発に踏み切ったのです」(パナソニック エコソリューションズ社・坂本 剛さん)

次ページ陶器のトイレにはデメリットがある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?