山手線「女性が快適な駅トイレ」ランキング

パウダーコーナーや洋式設置率を独自調査!

 

トイレの設置数はターミナル駅が多いが、混雑を考えた「入りやすさ」では意外な駅が上位にランクインする(撮影:小佐野景寿)

今回は、昨日に続くJR山手線「トイレランキング」の女性編。調査対象は男性編同様、山手線29駅のJR改札内にあるトイレだ。

東京駅、上野駅、品川駅の新幹線改札内にあるトイレは、入るために窓口で別途入場券を購入する必要があることから“非常時”に使えないということで除外した。女性用トイレの設置数ランキングはトップが東京、2位上野、3位渋谷、4位新宿と、男性用トイレとまったく同じ順位となった。

とはいえ、男性と女性では、トイレで重要視するポイントがかなり違う。

女性にとってまず重要なのは、トイレの快適度。大でも小でも個室で用を足す女性の場合、トイレは一時のプライベートスペースの役割も果たすのだ。そのため、時にはトイレのついでにヒールで痛めた足をケアしたり、伝線したストッキングを着替えたり、さらには携帯電話でメールをしたりする人も少なくない。

かなり清潔、山手線駅の女子トイレ

ひと昔前の駅のトイレといえば、「汚い」「臭い」というイメージがあり、女性にとっては「できれば入りたくない」場所だった。余裕があるなら我慢して駅ビルなどのトイレに入って用を足すが、どうしても我慢できない時は仕方なく利用する。そんな存在だった。

しかし、今回取材で山手線のトイレを巡ってみると、どこもかなり清潔なことに驚いた。昔ながらの古いトイレもたくさんあるが、そこもかなり掃除が行き届いている。これなら落ち着ける空間として十分利用することが可能だ。

いくら清潔でも、トイレが和式の場合は腰かけることができないので、なかなか落ち着けない。そのため和式トイレは不人気で、洋式が空いていない場合は入らないという女性も多い。

そこで、山手線で洋式トイレが充実している駅を調べてみた。

次ページメイク直しに向いているのは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT